悩み・スピリチュアル

やりたくないことをどうしてやらないといけないの?という問いへの先生のズレた答え

こんにちは!

管理人のしのっちです。

今日、子どもを小学校に送ったときに(毎日送っています)、女子児童と先生の言い合いが耳に入ってきました。

その会話を聞いて、ちょっと切なくなったので、記事タイトルのテーマで書いていこうかと。

私がやりたくないことを、どうしてやらないといけないの?

女子児童が先生にこう問いかけていました。

これって人間の根源的な問いかけです。

すごくシンプルなんですけど、奥が深い問いかけなんですね。

この問いかけに対して、先生がどう答えたのかも含めて、ご紹介します。

やりたくないことをやらないといけない理由(先生のズレた答え)

問いかけをしていた生徒は、小学校低学年の女の子なんですけど、教師にも物怖じせずにハキハキと喋っていました。

A子ちゃんとしますね。

事の経緯は、

  1. 運動会が近いので、クラス全体で練習をしている
  2. その練習にA子ちゃんは「今日は参加したくない」と先生に訴えてる

こんな感じでした。

まあ、よくありそうな風景ですが、先生に対してはっきり抗議する子ってちょっと珍しいですよね。

その女の子の問いかけが、すごく耳に残ったんです。

「今日は、どうしても練習をしたくないの。」

「私がやりたくないことを、どうしてやらないといけないの?」

はっきりと自分の意見を言っていました。

この問いかけに対して、先生は

「みんなが運動会に向けて頑張って練習してるの!」

「あなただけちゃんとできてなかったら、お母さんたちに恥ずかしい姿を見せることになるんだよ!」

「小学校に入ったら、みんながやらなきゃいけないことだから」

「みんなやってるでしょ?」

このように答えていました。

先生の答えに納得できないA子ちゃんは、

「でも、〇〇くんも、参加してなかったじゃない。」

それに対して先生は、

「〇〇くんは、別の時間で練習していました。今は他の人の話をしてるんじゃないの!あなたの話をしてるの!」

↑この先生の答え、ちょっとズレてるのは分かりますかね?

先生は「みんなが練習している」「みんなやらないといけないこと」ってみんなを基準にしてA子ちゃんに練習するよう指導してます。

でもそれに対してA子ちゃんは、

みんながしてても、私はしたくない

って、自分の話をしてるんですね。

でもそれに対して先生が「みんな、みんな」とみんなを基準にした話をするから、A子ちゃんは「〇〇くんだって…」と、〇〇くんの話を出したんです。

そうしたら今度は「他の人の事はいいんです!あなたがどうするかの話なの!」とA子ちゃんに話を戻そうとしている。

これでは、A子ちゃんは混乱します。

みんな(他人)を基準にして話せばいいのか、自分(A子ちゃん)を基準にして話せばいいのか。

まあ…A子ちゃんにとっては、納得できない話ですよね。

「みんな」を基準に考えると思い込みが作られる

先生は立場が上なので、納得できないA子ちゃんを「みんな論」でねじ伏せることができます。

でもこの先生がひどいとかではなく、もう日本の教育自体がこうなってるんですね。

小学校のシステム自体が。

一通りのカリキュラムや勉強を、複数の子供達に教えるためには、先生側も子どもたちをまとめないといけません。

「私はこうだ!」「僕はこう思う!」

このような意見をいちいち聞いてたら、カリキュラムをとてもこなせません。

学校の先生たちは本当に大変だと思います。

お便りの数も、行事も、私はもっと減らしてもいいと思う…(-_-;)

先生もいっぱいいっぱいだから、「私は嫌!」という生徒には、「みんな論」で教えるしか無い。

  • 小学校はみんなが通うものだから
  • みんなやってることだから
  • 義務だから

↑これが常識ですよね。

「常識で当たり前なんだから、従いなさい!」

「世の中に出たら、あなたが苦労するのよ!」

こんな意見の大人が大半だと思います。

もうもう、仰る通りです。

社会の常識がそういうもので、みんながそれに従ってる。

自分の意見を通そうとすると、社会で生きていけない。

だからみんなに合わせて、常識に従ったほうがいい。

※ここで説明している常識は、倫理とは異なります。

このように、「自分がしたいのか、したくないのか」で選ぶのではなく、「みんながしてるから」という基準をもとに行動すると、だんだんと

「〇〇したくないけど、みんながしてるから〇〇しなきゃ。」

「〇〇するべき!」

という強い思い込みが出来上がるんですね。

先生にもこの思い込みがあります。

だから「みんなを基準にした答え」になったんです。

でもA子ちゃんがほしがってたのは、

「自分が嫌だという感覚を、なんで大切にしちゃダメなの?」

という問いかけへの答えなんです。

このように小学校低学年のうちは、まだ思い込みが出来上がってないので、常識やルールに対して

なんで従わないといけないの?

という疑問が生まれてきます。

なんでやらないといけないの?は、魂からの問いかけ

A子ちゃんは

・私がやりたくないことを、どうしてしないといけないのか?

正直も当たり前も超えた、魂から湧き出る問いかけをしてます。

その問いに答えるには、常識でもルールでもありません。

「みんながしてるから!」

「そうしないと生きていけないから!」

それでは、魂への答えにならないんですね。

「やりたくない」って気持ちが出てくるのは、自分が「不快」という感覚があるって気づいてるんです。

不快は人間が持つ根源的な感覚。

その人の魂が持つ、独自の感覚なんです。

だから「快」「不快」ってすごく大事なんですが、大人になるほど鈍感になっていきます。

  • ひどいことする友人と縁が切れない
  • 健康を害するような職場で働き続ける
  • もう休みをずっととっていない

↑一例ですが、「不快」という感覚が鈍ると、このような状況でも耐えてしまうんです。

「もう嫌だ!やめたい!」と思ってても、

「いや、やめたいなんて、何を甘えてるの?それじゃあ社会では生きてけないよ?」

「自分だけやめたいって、ワガママじゃないの?」

そんな常識や思い込みから出る思考が、「不快」を打ち消します。

魂からのサインを、見逃してしまうんですね。

その結果、自分は一体何をしたいのか、自分が何を好きなのか、そんなこともわからなくなります。

やりたくないことをやり続けた子どもの末路

私も「やりたくないことをずっとやり続けた子ども」でした。

やりたくないことがはっきりしていて、「嫌だ!」と親に主張する方でしたが、怒られて強制的にやらされました。

そんな状況が続く場合、

「快」「不快」という感覚を麻痺させないと、生きていけなくなります。

いちいち物事に「快」「不快」を感じてたら、動けないわけです。

感覚停止ですね。

そうなると段々と

  • 本当は嫌なことも無理矢理にやる
  • 本当は嫌な人とでも「いい人だから」と付き合いをやめられない
  • 本当は嫌な仕事も無理やり続ける

「嫌だな」と感じる自分を否定して、無理にやり続けるんですね。

そして段々と、「好きなこと」「やりたいこと」を忘れていきます。

自分の「快」「不快」を否定すると、根源的な感覚を否定することになるので

なんで生きてるんだろう?

って自分の存在意義さえ、わからなくなるんです。

もう疲れた…消えたい!消えたくなる心理と苦しみを消すメソッドこんにちは! 管理人のしのっちです。 突然ですが、あなたは 消えたい って思ったことはありませんか? 管理...

私は幸いにもその状態から抜け出せましたが、それまではやっぱり辛かったですね。

だから「私は嫌なの!」と主張していたA子ちゃんを、尊いと感じたんです。

やりたくないことを全くやらなくていいというのとも話が違う

このようなことを書くと、

じゃあやりたくないことを全くやらなくていいってこと?

って思う人もいます。

でも話はそう単純でもないんですね。

もちろんエジソンのように、自分がやりたいことだけやり続けた結果、発明家になる人もいます。

好きなことは誰でも集中できて能力が飛躍的にアップします。

ただ、人って快楽にも弱いので、怠惰にも逃げやすくなるんですね。

人にはコンフォートゾーンというものがあって、

  • 自分にとって未知な領域ほど、挑戦することに恐怖を抱く
  • 自分にとって馴染みある領域ほど、安心感を覚える

こんな特徴があります。

要は安心なコンフォートゾーンから、本能的に出たがらないんです。

実は「やりたくない」って感覚は、

  1. 本当にやりたくないから
  2. 挑戦することへの恐怖があるから

このどちらかからも生まれるんです。

本当にやりたくないことなら、その時はなるべくやらないほうがいいです。

でもただ単に、「挑戦することの恐怖」なら、少しずつでも挑戦したほうが自分の成長に繋がります。

「やりたくない」ことの中にも、自分の能力が隠されてる場合があるんですね。

私もはじめは、ブログの記事を書くのが正直苦痛でしたw

ぶっちゃけ嫌いでしたw

でも一定期間取り組んでみると、今では自然に文章が書けるようになりましたし、アウトプットの喜びも感じることができます。

最近なんてyoutubeも始めちゃってるしw

(私のチャンネルです⇒https://www.youtube.com/channel/UC4KxexXZGrienU1kINCqm1g/

しょっぱなで「ヤダ!」と放り出してたら、ここまでできませんでした。

自分が「恐怖を感じて怠惰になってるだけ」なのか、

それとも「本当にやりたくない」のか、

しっかり見極める必要があるんですね。

そのためには、一度止めてみるのも一つの方法です。

あとは、やり続けてみるのも、一つの方法です。

「みんながやってるから、やる」以外にも、

いろんな方法があるってことですね。

だから冒頭のA子ちゃんも、

今日だけは練習を休ませて様子を見る

って方法があります。

そのときに、

  • 社会には「常識やルール」があり、基本的にそれを元にみんな行動している
  • だから常識からルールから外れると、みんなから外れるリスクが高くなる
  • ただ、A子ちゃんの「やりたくない」って気持ちは、とても大切なもの
  • その気持ちは否定しないでいい
  • 実は「やりたくないこと」でも、やってみたら楽しくなる可能性もある
  • 挑戦することも大切

こんなことを説明してあげたらいいのかな…って思ってます。

ただ、小学校の先生は本当に忙しいので、「ルールだから!」と説明する気持ちも分かります。

A子ちゃんには、

「できない自分が恥ずかしい」「自分はワガママなんだ」

そんなふうには思ってほしくないですけどね…。

やりたいことだけをずっとやってみてもいい

子どもにしろ、大人にしろ、

やりたいだけことをずっとやってみてもいい

んですね、実は。

要はやりたいことだけずっとやってみた結果を、自分で受け止められたらそれでいいんです。

誰かのせいにするんじゃなくて、自分で結果を受け止めるんです。

引きこもりやニートって社会的には批判的に見られますが、物事に良い悪いってないので、本人が幸せならそれでいい。

もしニートな自分に誇りが持てなかったら、

「ニートは違うな」って気づいて、働き出せばいい。

ずっとやりたいことだけやり続けた結果、創造的な取り組みができるかもしれない。

反対に、怠惰にずっと逃げ続けるかもしれない。

どちらになるかわからないんですね。

ただ子供の場合は、親や保護者が子どもの責任を取るため、親が見守れる範囲でいいと思います。

大人になって「やりたくないけどやらなきゃいけない」ことがあるとき

大人になると、生活する必要があるため、

「やりたくないけどやらなきゃいけない」

ってことが増えますよね。

そんなときどうしたらいいのか…ですが、

「やりたくない気持ちを大切にしてあげる」

ってことです。

「そっか~自分はやりたくない!って思ってるんだよね。」

自分の気持に自分で共感するだけで、心は落ち着きます。

「不快」の感覚を否定せずに済むので、自己肯定感も高まるんです。

子供の頃に「やだやだ!」と駄々をこねて、「こら!!」と親に怒られて…。

段々と「ヤダ!」と言えなくなった自分の心。

それをもう、抑え込む必要はないんですね。

そしてもう一つ、自分の「やりたいな」って思ったことは、なるべくやってあげるってこと。

本当に小さいことでいいんです。

「缶コーヒーよりも、コンビニカフェのラテが飲みたいな。」

「付き合いの飲み会を断って、一人で映画に行きたいな。」

そんな「お金が勿体無い!」「付き合いのほうが大事!」と、常識などで否定しがちな「小さいやりたいこと」。

それを叶えてあげるんです。

毎日の積み重ねで、段々と「快」「不快」の感覚が戻ってくるんですね。

その結果、自分が本当にしたい仕事を見つけられたり、嫌だと思っていたことが実は好きだったり、新しいことに挑戦できたり…

そんな新たな自分を、発見できるようになります。

「やりたくないことを、どうしてやらなきゃいけないの」

社会に馴染みにくいこの問いかけ。

でも本当は、自分だけが持つ「魂からの感覚」がギュッと詰まった、素晴らしい問いかけなんです。

嫌な気持ちがどんどん出てきて辛い!ネガティブ思考から抜け出す効果絶大な方法こんにちは! 管理人のしのっちです~♪ 今日はネガティブ思考について。 人は1日に大体6万回思考しているといわれていま...
仕事のパフォーマンスやモチベーションがマジで下がる本当の原因こんにちは! 管理人のしのっちです~。 フリーランスに限らず、はたらく人は モチベーションの維持 パフォーマ...
古本買取におすすめの宅配買取比較やホットヨガのメリットを紹介してます♪

 

当ブログでは、高値査定だと思う本の宅配買取比較ランキングや、ホットヨガのメリットなど、管理人が実際に試して実感したおすすめ業者の口コミを紹介しています。

古本の買取は実際に利用しないと高価買取かどうかもわかりませんし、ホットヨガも行ってみないとその良さが分かりませんよね。

でも利用する前に「どんな宅配買取業者か」「ホットヨガの体験者の声が確認したい」そんな気持ちがあると思います。

そんな方はぜひ管理人の比較レビューをご覧くださいね。

本の買取やホットヨガ以外にも、コスメのレビューやプチプラファッションのリアルな感想もご紹介しています。(中には無残な結果に終わった記事もあります(;^_^A)

以下はその記事の一例です。

⇓本の買取はよく利用するんですけど、同じ本を複数のショップに送って、査定額を比べてみました!

古本買取で1番高値買取でおすすめは?宅配買取の口コミ比較ランキング!こんにちは!管理人のしのっちです! 本とか漫画って、いつの間にか家にたまっちゃいますよね…。 私はあんまり見ないのですが、昔...
本の買取比較
本の買取が高い店をガチで調査!同じ本を12社の宅配買取で査定依頼したよ!こんにちは!管理人のしのっちです~✨ 本をまあまあ読む方なので、定期的に宅配買取を頼んでますが、宅配買取についていく...

⇓こちらの記事は同じ服やブランド品を、10社の古着買取に査定に出した結果をご紹介しています!一番のお店は約4万円!一番安いお店は約4千円!この差は何だw!

服やブランド品を売りたい!古着買取10社の査定比較~一番高いおすすめ店の口コミ!こんにちは!管理人です。 普段から余計なものを買いがちなのでw、古着買取や古本買い取りを定期的に利用しています。 でも、リサ...

⇓ホットヨガは管理人も大好きですが、肩こりもだいぶ解消されました。

ホットヨガの女性に嬉しいメリットと意外なデメリット!体への悪影響や副作用は?ホットヨガ流行ってますよね~! なんでこんなに人気があるかというと、 ジムよりはきつくない リラックスできる ...

⇓この美顔器は、見た目がめっちゃ面白いですよw

メディリフト(ヤーマン)を1ヶ月使ってみた管理人の口コミと最安値情報! や~今年で42になるんですけど(言っちゃったw)、シワ…気になりますよね…。 人によっては30代後半から顔の変化に気づくと...

⇓URUTASの薬用リンクルクリームは、安いながら目元の潤いをバッチリ守ります!

URUTASの薬用リンクルクリーム
URUTAS薬用美白リンクルクリームがコスパ最高!口コミと最安値情報やっほ~☆彡 四十路に突入中の管理人です(^_-)-☆ ↑必死の若作り😂 30代後半から、女性はいろんなも...