【発達障害あるある】子どもの不登校の原因が発達障害でした

登校しぶりの子どもが発達障害だった 悩み・スピリチュアル

うちの子が不登校でちょっと困ってる!

普通の子と、ちょっと違うみたい…

今回はそんなお悩みを持つママさんの…何か参考になるかもしれない記事です!

[chat face=”mini.jpg” name=”しのっち” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]

私にも子供が二人います!

二人とも、気を抜くと不登校になります…(;´д`)

[/chat]

こればっかりは仕方が無いんですけど、母としては正直、

一人になりたいから普通に学校に行ってくれ

って思いますw

上の子Aくんは、小学校1年生から不登校と登校しぶりを繰り返し。

下の子Bくんも、小学校1年生から登校しぶりが続いています。

上の子は発達障害で、コミュニケーションの難があったので、不登校になるのも納得だったのですが、問題はBくん。

登校しぶりの理由が全く分からなかったんです。

そのBくんの登校しぶりの原因がわかった経緯を、今回の記事でご紹介しますね。

Sponsored Link

不登校になる理由が無い!

マンガ動画でも今回の記事のことを紹介しています。

上記の動画は「その①」です。

下の子Bくんが登校しぶりになって、私はかなり困惑しました。

  • 素行優良
  • 先生にも礼儀正しい
  • 成績は良い
  • 友達にも人気がある
  • 学校でもめちゃ楽しそう
  • 天真爛漫
  • いじめはもちろん無い
  • 先生は優しい

Bくんはこんなタイプなので、本人が

「学校に行きたくない!」

という理由がサッパリ分からなかったんです。

[chat face=”bkun.jpg” name=”Bくん” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]学校に行きたくないの。[/chat]

[chat face=”mini.jpg” name=”しのっち” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]学校楽しくないの?[/chat]

[chat face=”bkun.jpg” name=”Bくん” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]楽しい。でも嫌なの。[/chat]

[chat face=”mini.jpg” name=”しのっち” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]何が嫌なの?[/chat]

[chat face=”bkun.jpg” name=”Bくん” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]分からない。[/chat]

子どもはまだ言語化の能力が発達していません。

しかも「自分が今、どんな気持ちなのか。」ということを、自覚できないので、

  • 僕はこんな理由で学校に行けない
  • 学校で、こんなことが辛い

このような説明ができないんです。

要領を得ないと思っても、とりあえず質問しましたが、やはり登校しぶりの明確な理由がわかりませんでした。

楽しいのになぜ行けないのか

「学校に行かなくてもいいよ。」というのは簡単です。

[chat face=”mini.jpg” name=”しのっち” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]でも私はとにかく、モヤモヤしました。[/chat]

登校しぶりになった理由は偶然、判明しました

Bくんの登校しぶりの原因が判明したのは、全くの偶然でした。

数年前から、上の子Aくんの発達障害の相談で、小児精神科に通っていました。

その主治医の先生に、ふと

「実は弟のBくんが登校しぶりなんです。」

ってちょこっと相談したんですね。

その相談の最後に、またふと思いったって

「先生、Bくんにウィスク検査を受けさせることはできますか?」

と、聞いたんです。

ウイスクとは、子供用の知能検査のことです。

その子の能力が大まかに言うと4つの基準からわかります。

時に発達障害の診断にも用いられる検査です。

Aくんは発達障害で、何度かウィスクを受けたことはありますが、Bくんは定型発達(発達障害じゃない子)だと思ってたので、受けたことはありませんでした。

そのため、

「Bくんの能力の特性がわかるといいな…」

くらいの軽い気持ちでお願いしたんですね。

そうしたらですね…検査の結果を受けて

発達障害の診断がでました!!💦

[chat face=”mini.jpg” name=”しのっち” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]通常は100前後の数値が出ますが、Bくんは総合で「88」

そして、各指標の数値に、大きな差が出たんです。[/chat]

定型発達だと思ってたのけど、

は…発達障害だったのね!!!💦💦

[chat face=”mini.jpg” name=”しのっち” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]この結果には、私も目からウロコでした。[/chat]

発達障害で学校に行きにくくなる理由

検査の先生とお話しした内容については、マンガ動画でも紹介しています。

上記の動画は「その②」です。

「文章を読むのがだるい…」という方は、動画で御覧くださいね。

[chat face=”woman1″ name=”検査の先生” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]Bくんはかなり多動で落ち着きがないです。

注意もそれやすく、聴覚過敏もありますね。[/chat]

[chat face=”woman1″ name=”検査の先生” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]集中力もないので、検査を受けてるときも、ダラダラとしていました。

[/chat]

[chat face=”woman1″ name=”検査の先生” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]こちらが伝えていることも、上手く理解できないことがあります。

ケアレスミスと勘違いも多いですね。

話すときもダラダラと長くなってしまい、内容もあっちこっちに飛びます。

[/chat]

[chat face=”mini.jpg” name=”しのっち” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]せ…先生…。

でもBくんは学校では、フラフラ動き回ることはありませんし、先生の言ってることもしっかり聞いてるんです。

特に目上の人には礼儀正しくて、コミュニケーションの難もありません。

発達障害があっても、そこまでちゃんとできるのでしょうか?

[/chat]

[chat face=”woman1″ name=”検査の先生” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]う~ん…。

そうね、気合いで相当頑張ってたんじゃないかしら。

だから学校でものすごいエネルギーを使ってると思います。

[/chat]

この時点で、私は目からウロコ…!!!

[chat face=”mini.jpg” name=”しのっち” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]そっかぁ…!!

すっごい頑張って勉強して、先生の言うことを聞いてたんだ…。

それは頑張りすぎて、疲れちゃうよね…。

[/chat]

小学校1年生の時は、まだ勉強が難しくないので、気合いでついていくことも可能です。

でも日が経つに連れて、先生のお話も、勉強の内容も難しくなっていきます。

またお友達との関係も、どんどん複雑になっていく。

気合いだけで何とかしようとしても、エネルギーがどんどん消耗していくだけなんですね。

Bくんは「もう気合いだけでは頑張れない!」といっぱいいっぱいになって、登校しぶりになったようです。

発達障害児はBくんに限らず、感覚過敏や衝動性・多動性という特性があります。

その特性がそのままだと、学校生活を変温に過ごすのは非常に難しい。

定型発達の子だとすんなりできることが、発達障害児だと莫大なエネルギーを使っちゃうんです。

発達障害児の登校しぶりの改善方法は?

「じゃあ、発達障害だと学校に通えなくなっちゃうの?」

と、心配になっちゃいますよね。

[chat face=”mini.jpg” name=”しのっち” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]実は工夫次第で、学校生活も負担が軽減できます![/chat]

参考までにBくんの改善方法をご紹介しますね。

計算問題が混乱するなら隠しながら

Bくんは、数字がいっぱい並んでるとパニックになって問題が解けません。

そのため、1問づつ問題を出すか、プリントに沢山問題が書かれているなら、他の紙で隠しながら解いていきます。

情報量を減らしてあげると、スラスラと解けるようになります。

黒板の字を書き写すのが苦手ならプリント対応

また、黒板の文字を書き写すのが苦手な場合、先生にお願いをして同じ内容のプリントをもらいます。

横にプリントを置けば、書き写すことも簡単になります。

黒板を見て、下を向いて、ノートに書き写す。

この過程で、「何を書くかを忘れる」。

忘れるからまた黒板を見る、その繰り返しに非常に疲れるようです。

聴覚過敏なら耳栓かイヤーマフ

発達障害の場合、感覚過敏があることが多いです。

感覚過敏の辛さは、本人も

異様に興奮する

異様に疲れる

異様にイライラする

こんな感じ方しかできなんです。

だから感覚過敏を和らげるようなことをしてあげると、精神的にも落ち着いたりします。

Bくんは聴覚過敏だったので、耳栓をもたせています。

疲れてきたら、耳栓をたまにしているようですね。

感覚過敏は本人も自覚がないので、気づきにくいことが厄介ですね。

疲れが出るため、週に2回時短登校

これは担任の先生にお願いしたのですが、週に2回、3時間目から登校しています。

一週間、5~6時間目までフルで出席すると、必ず休んじゃうんです。

だから事前に、「ちょっとゆっくり登校できる日」を設定すると、本人も心に余裕ができるみたい。

Sponsored Link

不登校気味の発達障害児でも適応できる

上記の動画は「その③」です。

発達障害と分かっても、工夫や対策を行えば十分に学校に適応できると私は思っています。

ただそのためには、親のサポート、学校の協力が必要不可欠です。

子供一人の努力なんとかしようと思っても、多くのエネルギーを使ってやっとこみんなについていけるくらい。

でもそれって本当にもったいないんです。

子どもは本来、得意なことや好きなことなら、ぐんぐん伸びる可能性があります。

でも苦手の克服に努力のすべてを注いでしまうと、その子の本来持っている能力が潰れてしまうこともあります。

上記の動画で紹介していますが、私もおそらく発達障害もしくはグレーゾーンです。

数十年前は、発達障害という言葉は一般的ではなく、私も親もそんな特性があるとは気づきませんでした。

その結果、自己否定を繰り返し、常に心の病と隣り合わせの人生になりました。

[chat face=”mini.jpg” name=”しのっち” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]自分で心の勉強をして、その状態から脱すことができました![/chat]

でも辛い年月を過ごしたからこそ、私は子どもの苦しさもわかります。

わかるからこそ、サポートすることもできるんですね。

発達障害と聞くと、その子の将来が不安になるかもしれませんが、適切なサポートができれば十分に社会に適応することができます。

私はまさに今その第一歩にいるのかなと思ってます。

とりあえずまずは、子どもたちに合う学校の近くに引っ越そうかなと思案中です。

今の地域のサポートだと、本人たちのやる気を引き出すのは難しいかなと感じるので…。

また動きがありましたら、ご紹介させていただきますね。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました