*

【巨大地震】備えとして必需品の防災グッズとは?個人でできる地震対策

公開日: : 最終更新日:2016/09/04 時事, 芸能・ドラマ , ,

日本は地震大国、いつ自分の住む地域も地震が起こるかわかりません。

そのため個人でできる災害対策が大切です。

ご自身の家の地震に対する安全対策はもちろん、普段から避難場所や避難ルートを確認しておくことも重要ですね。

 

今回は

家の中の安全対策

必要最低限、避難持ち出し袋に揃えておきたいもの

地震にあった時のために普段から確認・心がけておくこと

をご紹介します。

 



 

家の中の安全対策

①家具の転倒防止

家具固定

 

家の中のあらゆる家具に転倒防止器具を付けたほうがよいとのこと。

家が倒壊しなかった場合でも、転倒してきた家具に挟まれたりすると危険です。

また、食器棚は振動でガラス戸が開いたり、割れたりします。

扉に留め金を付けたり、ガラス飛散防止シートを張っておいた方がいいでしょう。

テレビは粘着マットなどがあります。

テレビも冷蔵庫も壁にワイヤーなどで固定しておくとベストですね。

 

②寝る時は最上階で(一軒家の場合)

家が倒壊する場合は、1階が損傷する場合が多いため、原型を保つ可能性の高い上階で寝るほうが安全のようです。

 

③窓ガラス

飛散防止シートを貼っておいた方がよいでしょう。

また、飛散した時のために枕元にスリッパを置いておく、などをしておいた方がいいかもしれません。

 

④地震発生直後の一時避難場所の確保

地震発生時は動くと危険です。

机の下など、普段から一番初めに身を守る場所を確保しておくといいでしょう。

 

 

⑤家を綺麗にしておく、なるべく物を置かないようにする

家具や物が普段から家に散乱していると、避難の妨げになったり、家具の下敷きになったりと危険度があがります。

 

⑥懐中電灯を常備しておく

停電に備えて、懐中電灯をすぐに使える場所に常備しておくことも大切です。

 

⑦感震ブレーカー、感震コンセントの設置

地震時の火災発生を防ぐため、設置しておくといいと言われています。

 

⑧消火器の設置

こちらの地震時の火災発生に備えて。

 

⑨家の耐震性を確認しておく

耐久性の低い家の場合は、耐震強度を上げることも防災対策のひとつです。



 

 

 

地震から避難する際の必需品

防災グッズ

一般的に下記のようなものを非常用持ち出し袋に準備しておくとよいとのことです。

1.ヘルメット

2.毛布

3.ラジオ

4.ライター

5.十徳ナイフ

6.手袋

7.ろうそく

8.救急セット

9.災害用トイレ

10.懐中電灯

11.電池

12.水(500mlボトルを4本とかの方が使い勝手がいいようです)

13.食料

14.缶きり

15.現金(公衆電話用に10円玉もあるほうがいい)

16.預金通帳

17.はんこ

18.履きなれた靴(ガラスが散乱しているため、素足は危険、非常用持ち出し袋に入れておくといいです)

19.水を入れる携帯用ポリタンク(ぺちゃんこになるタイプが売ってます)

20.歯ブラシ

21.スーパーの袋(使い道がいろいろあるようです)

22.マスク(粉じんなどあがっているときにあるとよいようです)

23.コップや皿

 

プロが選んだ防犯&防災あります。TSSP.jp

 

その他、あって助かるもの

 

トイレットペーパー

 

サランラップ

お皿に敷けば、食事の後皿を洗わずにすむため。

 

布ガムテープ

ダンボールを間仕切りに使うときや飛散したガラスをとるのにも活躍するそうです

 

ウェットティッシュ

長くお風呂に入れない時など、身体を吹くのにも使えるそうです

 

女性は生理用ナプキン

忘れがちなので、防災セットに入れておいた方がいいようです。

 

小袋入りのお菓子

チョコや飴など

※家の備蓄品は水(一人1日3リットル)・食料など1週間分用意していると万全です

 

続いては、地震にあった時のために、普段から確認・心がけておくべきことです。



 

帰宅ルートの確保

 

会社や学校からの徒歩での帰宅ルートを確認しておく

 

避難場所・集合場所を決めておく

 

地震が起こった場合を想定して、家族でどこに避難するか、地域の避難場所の確認、避難場所へのルートの確認、家族が離れ離れになった場合の集合場所、連絡の取り方などを確認しておくといいと思います。

 

住んでいる地域の危険箇所を確認しておく

 

たとえば地震による津波がおきた場合には、低地は危険です。

そのような場合も想定して、どこに避難すればいいか確認しておくといいと思います。

また、地盤がゆるい地域は液状化現象などの危険性もあるため、防災マップで確認しておくとよいと思います。

また、避難の際のルートに、危険物がないか(電柱やガラス戸の建物など)確認しておく。

 

防災訓練に参加する

防災訓練

地域で実施されている防災訓練に参加し、身の守り方、救護の仕方、出火時の対応の仕方、避難の仕方など学び、防災意識を高めておくことが大切です。



 

 

 

まとめ

 

地震が起こった時にパニックにならないよう、普段から防災意識を高めておくことが大切であると思います。

まずは自分で自分の身を守る意識を強く持つ必要があるのではないでしょうか。

 

その他地震の記事はこちら↓

台湾地震予測研究所台湾地震予測研究所が熊本地震を的中?!3日以内にM8.0を超える地震が来ると衝撃の発表

上田晋也【熊本地震】義援金を寄付した芸能人は?上田晋也は10億円?!高良健吾、紗栄子、GACKTも

jisinn地震】外出時に地震がおきた時の対処法!適切な行動で危険を避けよう

読んでくださってありがとうございました。


よければ、合わせてお読みください♪

生活・健康関連の記事はこちら

>>ぺこのめっちゃぜいたくフルーツ青汁はまずい?おいしく飲める飲み方ランキング!

>>石原さとみも実践!ぷるっぷるの肌になる秘密は○○○クレンジングだった!!

>>深田恭子のアンチエイジングな美肌の秘密と最強保湿セラミド化粧品ベスト3!!

Sponsored Link


関連記事

松井玲奈4

松井玲奈ランドリー茅ヶ崎で初主演!SKEは踏み台でした…でも演技が下手?

AKB48の姉妹グループであるSKE48の不動のセンターを務めていた松井玲奈(24歳)さん、卒業から

記事を読む

kaho

尾上松緑の元嫁は珠希かほ(素子)!激太り・激やせは別居が原因??子どもの画像も

歌舞伎役者の四代目尾上松緑さんが妻の素子さんと離婚していた…という報道がありました。 元嫁の素

記事を読む





  • かろうじて30代主婦の しのっちです!
    美容や美肌に興味ありありな年齢ですが、いろんな商品を試してジタバタと頑張っています♡
    もともと肌が弱く、成人性アトピーもちなので、同じアトピーで苦しむ人のためにも、参考になる記事を書いていきたいと思います!

    そのほかいろいろ、興味のあることをランダムに配信中。
    気まぐれな性格なので、ほんとランダムです、ごめんなさい。

    可愛いもの、可愛い人が大好き♡
    芸能人は主にかわいい人を紹介していきます。





PAGE TOP ↑