*

塩谷舞(しおたん)って誰?世界の小室哲哉とクロレッツでコラボという冗談をホントにした話

公開日: : 最終更新日:2017/07/14 芸能・ドラマ

小室哲哉さんが以前、

クロレッツのスッキリ総研が

発表した企画の一つに参加していました。

 

企画の内容は、

スッキリしたいことを

作詞して応募してみませんか?

というものです。

 

これは誰でも応募できるのですが、

作曲してくれる人物が

あの世界の小室哲哉さん!

という驚きの企画でした。

 

このキャンペーンを使って

「小室哲哉さんが作曲した曲の作詞をする」

という冗談

フェイスブックに流した方がいました。

 

冗談なので、

はじめは本当の話じゃなかったんです。

 

でも、その方は最終的に、

冗談をなんと現実にしたのです…!

 

その方の名前は塩谷舞さん。

通称しおたん

 

芸能人ではなく一般の方なので

知らない…

という方も多いと思います。

 

まずはプロフィールから

ご紹介していきますね!

Sponsored Link


 

塩谷舞のプロフィール

 

塩谷舞

可愛い方ですよね!

生年月日:1988年10月3日(27歳)

出身:大阪府千里

出身大学:京都市立芸術大学

3人姉妹の末っ子だそうです。

習い事?でどうやら

演劇・ピアノ・吹奏楽を

していたみたいですね。

 

大学は京都市立芸術大学ですが、

退学すれすれに

なったこともあるそうです。

 

在学中にフリーペーパーを創刊していて、

その仕事が忙しかったのか、

結局大学を一年間休学したそうです。

 

大学卒業後に大阪の

伊勢丹ギャラリーDMO ARTSで働いた後は、

ウェブサイトを運営する

株式会社CINRAに就職、

現在はWebディレクター

として働いているようです。

 

芸大出身の方だけあって、

アーティスティックな方みたいですね!

現在はライターさんも

されているそうですが…。

 

このライターさんがいったい

何をしてしまったかなんですが、

先ほど書いたように

冗談を現実にしちゃったんですね!

 

その内容がすごい…

なんと

世界の小室哲哉とコラボですよ!

 

世界の小室哲哉の曲を作詞しま~す!という冗談

最初にご紹介した

クロレッツのキャンペーンなんですが、

黒レッツ

こんな感じで応募の時に

自分の写真をアップロードするんです。

 

自分の写真をはめ込むと、

小室哲也さんと本当に

コラボしたように見える…

というまあネタみたいな感じです。

 

それを使って塩谷舞さん、

略してしおたんは

3月28日にこんな画像を

ご自分のフェイスブックに

投稿したんですね。

しおたん

もちろん、下の「直感で、この人しか…」

という文言はしおたんが冗談でつけたものです。

 

まあ、要は

「小室哲哉さんの曲の歌詞を書きま~す」

という冗談なんですが、

これがしおたんの知人や友達の皆さんは

本気で信じちゃったみたいなんですね。

 

「すごい!」だの「びっくり!」

などというコメントがあっという間に増え、

はては10年くらいあっていなかった

中学の時の友人から

お祝いメールが来ちゃったり、

ツイッターでは10年くらい前に

塾でバイトしていた時の教え子が

「おれの中学の時の塾の先生凄すぎ」

とツイートしていたりと、

取り返しのつかない状況に

なっちゃったらしいのです。

 

みなさんクロレッツの企画を

知らない人ばかりだったんですね~。

 

とうとう知り合いの

広告業の社長さんまで騙されて

「すげえ!」と

リツイートしちゃう始末w

(見抜けないものなんですね!)

 

しおたんはフェイスブックでも

ツイッターでも

否定しまくったらしいのですが、

それでも信じたままの方はいたらしく。

 

3月末~4月初旬ま行く先々で

「おめでとう!」と祝福の嵐だったとか…。

 

ごめんなさい、ちょっと笑っちゃった。

( ´ ▽ ` )

Sponsored Link


 

冗談を真実へ

どうやらこのクロレッツのキャンペーンは、

3月下旬の頃は知られてなかったらしく、

ネタだと皆さん気づかなかったため、

大変な事態になってしまったようです。

 

そこでしおたんは以下のように考えたそうです。

本当に信じてる人はまだまだいます。

その人の頭の中では、世界のTKと、千里出身の無名の新人しおたんコラボが実現しているわけです。

そこで、もう実力行使ですよ。これを事実に変えてしまおうと思うわけです。

そしてしおたんは

「小室哲哉さんが作曲されたスッキリ応援歌の歌詞を、本当に書かせていただきたい」のご提案

をクロレッツキャンペーンの

サイトを制作した広告代理店に

「クロレッツ様と小室哲哉様に渡してほしい」

と託しました。

 

それがどうやら無事に

クロレッツの手に渡り、数日後…

なんとこの企画が

通ったというのです!

すごいです✨

 

まじでコラボをやるってことになったそうです。

 

広告代理店からきたメールは以下の通り。

クライアントと検討させていただいた結果、しおたん様のページは他のユーザー様をおさえて異常に高いPVを叩き出していたことから、しおたん様の歌詞を、実際に鈴木亜美さんに歌っていただきたいと考えております。つきましては、X月X日までに歌詞をご提出いただくことは可能でしょうか?鈴木亜美様にもご確認いただいた上で、X月X日のレコーディングに進めさせていただきたいと思います

 

これに対してのしおたんのコメントは

やばい。鈴木亜美さんとBE TOGETHERです。

また笑っちゃったww

面白いですね、この方。

 

作曲小室哲哉、作詞しおたん、

歌うのが鈴木亜美と、

しおたんにとって夢のようなコラボです。

 

そしてしおたんは約1日で

作詞を書き上げて提出します。

 

鈴木亜美とBE TOGETHER

鈴木あみさんがしおたんが作曲した曲を

レコーディングするときに

しおたんもスタジオ入りしたそうです。

 

残念ながら世界の小室哲哉さんは

いらっしゃらなかったそうですが、

生アミーゴ見れたのは嬉しかったでしょう。

 

結局、10万作ほど応募があったそうですが、

そこから選ばれて鈴木亜美さんに

歌ってもらえるのは5作品のみ!

 

その中に塩谷舞さんの作詞が

入ったんだから本当にすごいですよね!

しおたんアミーゴと

凄いですね!

作詞が初めてとはとても思えません…

アミーゴも

いやぁ、上手ですよ。みんなも盛り上がりやすいし、働く方々への応援歌! という感じで良いですよね。この調子で、ラップとかを書いてもいいんじゃないでしょうか。ぜひ、毎日仕事を頑張ろう! と思うようなものを書いて欲しいです。

なんてコメントしてたらしいので、

ご本人も相当

嬉しかったんじゃないでしょうか。

引用元すべて:http://ciotan.com/2016/04/28/clorets/

 

まとめ

いや、それにしても

この塩谷舞さんという方、

本当にすごいですね。

 

冗談を現実にして、

結局10万人の中の5人に

選ばれたわけですから、

素晴らしい行動力です。

 

もともと、クロレッツのキャンペーンも

ネタ的な感じで面白いですが、

このしおたんも相当面白いと思いました!

 

そしてこの冗談を現実にした

しおたんには本当の賞賛の声

上がっていました。

 

塩谷舞さん、本当におめでとうございますです。

Sponsored Link


 

芸能記事はこちら↓

鈴木亜美の旦那はどんな人?あみ~ゴの劣化画像?とウェディングドレス姿!

岡副あなプロ岡副麻希アナ(めざましテレビ)の現在の彼氏は?天然の破壊力がすさまじい!

読んでくださってありがとうございました!

関連記事

永六輔死去…死因は?娘は永麻理アナ!上を向いて歩こうなどの作詞も担当

戦後の放送界を牽引してきた一人、 パーソナリティでありタレントであり 元放送作家であった永六輔さ

記事を読む

大橋巨泉死去…死因の急性呼吸不全とは?盟友、永六輔の後を追うように…

かつて司会として活躍していた 大橋巨泉さんが、7月12日に お亡くなりになったことがわか

記事を読む

【画像あり】DAIGO&北川景子結婚式!美しいウェディングドレス&お色直しは2回!出席者は誰?

結婚式は人生の中でも 一大イベントですが、 芸能人の結婚式はやっぱり ゴージャスで

記事を読む

小林麻央は余命3ヶ月だった?余命宣告されながら、生き続けている奇跡の鍵とは?

小林麻央さんが1月29日に 大学病院を退院して、 自宅に戻られたようですが、 今回

記事を読む

吉野朔実(マンガ家)突然の訃報…死因は?吉田戦車、ヤマザキマリから悲しみの声

人気少女漫画家の吉野朔実さんが 亡くなられたという 悲しいニュースが流れました。

記事を読む

  • Twiceツウィ


  • 30代主婦の しのっちです!
    美容や美肌に興味ありありな年齢ですが、いろんな商品を試してジタバタと頑張っています♡
    そのほかいろいろ、興味のあることをランダムに配信中。
    気まぐれな性格なので、ほんとランダムです、ごめんなさい。

    可愛いもの、可愛い人が大好き♡
    芸能人は主にかわいい人を紹介していきます。
  • Twiceツウィ



PAGE TOP ↑