*

堀北真希が痩せた塩抜きダイエットと筋トレとは?引き締まった魅惑のボディの秘密を公開!

公開日: : 美容, 芸能・ドラマ

2012年に放送されたドラマ梅ちゃん先生で

太ってしまった女優の堀北真希さん。

(8kg太ったそうです!)

 

でもその後は見事にダイエットできれいになりました!

細いだけではなく、メリハリボディでセクシーです!

 

一体どのような方法で、ダイエットに成功して

このメリハリボディを手に入れたのでしょうか??

 

堀北真希さんは

様々な方法を実践していますので、

ぜひ、参考になさってください!


食べ物への気遣い

57d18a3ee80a60d1b8f9dcc284fe74ec_s

堀北真希さんは料理も上手だそうです。

スキンケアの記事でも書きましたが、

お肌のために自炊もしています。

 

堀北真希さんが心掛けている

食べ物へのこだわりがこちら。

 

☑筑前煮が好きでよく作る

☑トマト、野菜が大好き

☑野菜スープをよく作る

☑スープはラタトゥイユを作ったりしてる。

☑生野菜やフルーツを摂取して生のビタミンやミネラルを補給する。

☑朝食は玄米に黒豆を混ぜて、納豆をかけて食べる。

☑ドレッシングも手作り。

☑豆乳ヨーグルトを食べる。

☑和食が好き。

☑ジャンキーなものは食べない。

 

筑前煮って結構手間がかかります。

それを普段から作っているって

かなり料理上手なことがうかがえますね!

 

ただ、こうしてみると思うんですが、

食へのこだわりは割と参考にしやすいですね。

 

食材はすべて有機!とか、鳥のささみと野菜しか食べない…

といったこだわりではないので、

野菜を多くとることを心掛ける、

白米を玄米に置き換えるといった

無理なく真似しやすい点が多くあります。

 

急なダイエットよりも、

こういったインナーケアを少しずつ行うことで、

適正な体型になっていくのかもしれませんね。

 

 

睡眠が大切!

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s

☑眠ることが大好き。

長い時は3日間寝続けたことも。

基本は早寝早起きを習慣化している。

☑暗くなったら寝る、明るくなったら起きる生活。

 

睡眠をしっかりとることは

女優の石原さとみさんも多部未華子さんも

おっしゃってました。

 

疲れをとったり美肌のためには

質のいい睡眠がやはり欠かせないんですね。

でも3日間はすごい^^;

 

夜の10時から翌2時まではお肌の

ゴールデンタイムと言われてますよね。

 

この時間帯は成長ホルモンが豊富に分泌されると

言われていて、これは若返りホルモンともいわれ、

美肌を保つためにも欠かせないんだとか。

 

ただ、女優さんたちは撮影が夜中まで続くことも

ありますから、合間を見て寝るとか、

休日にしっかり睡眠をとるということが

より大切になっていくのでしょうね。

 

このゴールデンタイムには実は諸説あって、

時間帯が決まっているわけではなくて、

その人の眠り始めの3時間がゴールデンタイム…

とも言われています。

 

とにかく共通していることは

熟睡する=質の良い睡眠をとることですね。

 

体調面のみならず、美肌の面からも

睡眠は重要であることがわかります。

 

 

堀北真希は筋トレ好き

 

学生時代はバスケットボール部所属で

スポーツが得意だった堀北真希さん。

 

☑時間があれば筋トレやランニングをする。

☑腕立て伏せは楽勝。

☑片手腕立て伏せも行う。

☑体幹・腕・脚・腹筋・背筋とちょっとずつ全身トレーニングをする。

☑1リットルのペットボトルに水を入れてダンベル代わりにトレーニング。

 

これはすごいですね。

もともと筋肉をつけることが好きで筋トレが日課の堀北真希さん。


アスリート並みにやってるとかなんとか^^;


細いウエストですが、腹筋が割れ気味だとか(笑)

 

もし、堀北真希さんの筋トレが難しい…という方は

次の方法を真似してみたらいかがでしょうか?

 

 

ストレッチポールで体幹を鍛える

 

堀北真希さんはまだまだ、

身体の調整のため実践していることがあります。

 

こちらがそのストレッチポール

 
 

こちらは中谷美紀さん、井川遥さん、桐谷美玲さん、

松たか子さん、水川あさみさん、吹石一恵さん、

黒木瞳さんも愛用しているそうです。

 

一番簡単な使い方は5分間ストレッチポールの

上に寝ころんでゆらゆら揺れるだけ。

 

肩甲骨周りの筋肉をほぐし、姿勢を整える

全身のコリをとる・ストレッチ効果などなど、

色んな効果があるようです!

 

ただ、ストレッチポールはダイエットというよりも

身体の調子を整えるアイテムのようです!

 

次は、堀北真希さんが劇的に痩せたダイエット法をご紹介します!

 

 

塩抜きダイエット

 

一時期、ドラマ「梅ちゃん先生」で太ってしまった堀北真希さん。

 

なんでもドラマで食べるシーンが多く、

時には一日15食も食べる日があったとか!

堀北真希 太った.jpg

この時は8kgも増えてしまったそうです!

確かにちょっとまるっこい。

(かわいいけど♥)

 

でもそのあとはすっきりと痩せた堀北真希さん。

もちろん、前述した筋トレのおかげもあると思いますが、

役作りなどで体重を一気に落としたいとき堀北真希さんは

塩抜きダイエットを実践するようです!

 

このダイエット法は短期間で痩せることも可能だそうです。

簡単に言えば日々の食事から塩を抜くこと。

 

塩を抜くと胃液の分泌が減って

食欲が減り、体重が落ちます。

 

そして、塩が薄いと体内のお水がどんどん排出されます。

 

つまりむくみが減って、体重も減ります。

また、一時的に塩を断つと、身体から毒素も排泄されるとか。

断食のひとつみたいですね。

 

☑1週間のうち3日間は徹底して塩分をとらない。

☑残りの4日間は徐々に普通の食事に戻す。

※水分を取らないと毒素を排出できないので、

水を1日2リットルは飲むらしいです。

 

シンプルな方法ですが、体重は減りそうです!

最後に堀北真希さんが「一番肌がきれいになる方法」

筋トレ後に行っていることをご紹介します!

 

 

一番肌がきれいになるのは汗をかくこと!

 

汗をかくことが肌が一番きれいになる方法

堀北真希さんがおっしゃっています。

 

そのため、ランニングや筋トレで汗を

かくことも重要なんですね。

汗をかけば身体の老廃物も排出され、

体重も減ります。

 

そのため、堀北真希さんは筋トレ後は

必ず半身浴をしているのだとか。

 

この半身浴に関してはほかの

女優さんたちも実践している方が

多いですね。

 

ただ、夏場以外は方とか寒くなりますので、

そういう方は方にバスタオルを乗せると

体の冷えもおさえていいようです。



 

まとめ

 

堀北真希さんのダイエット法は

制限が苦手とか、運動が苦手な方には

ちょっと難しいのですが、

どれも効果的なことが良くわかります!

 

自分で試せるものでいいので、

合うメニューがあったら真似してみるのも

良いですね!

 

私はストレッチポールかなぁ…。

無理なく続けられそうだし、

運動苦手なところはアイテムでカバーw

堀北真希 きれい.jpg
日々の努力の賜物でこの美しさを

キープしている堀北真希さん。

 

ぜひ見習いたいです!

堀北真希さんの関連記事書いています。
堀北真希のような透明感のある美肌に!オイル美容法とスキンケアのポイント・愛用の化粧品は?


堀北真希のような小顔になる方法はリンパマッサージ!エラ張りをなくしきれいな横顔になる美容法とは?

読んでくださってありがとうございます!


よければ、合わせてお読みください♪

生活・健康関連の記事はこちら

>>ぺこのめっちゃぜいたくフルーツ青汁はまずい?おいしく飲める飲み方ランキング!

>>石原さとみも実践!ぷるっぷるの肌になる秘密は○○○クレンジングだった!!

>>深田恭子のアンチエイジングな美肌の秘密と最強保湿セラミド化粧品ベスト3!!

Sponsored Link


関連記事

%e6%97%a9%e4%b9%99%e5%a5%b3%e5%8f%8b%e8%b2%b4

早乙女友貴はどんな人?性格は?元カノはすみれって本当?

元SPEEDの島袋寛子さん(32歳)と舞台俳優の早乙女友貴さん(20歳)が交際しているという報道があ

記事を読む

SMAP

SMAP解散報道のデマが発覚!紅白司会のゴリ押しや中居正広に助言という女性セブンの記事はウソ!

SMAPの解散の危機は一応去りましたが、連日流れていたSMAP関連の報道は「出せば売れる!」というこ

記事を読む





  • かろうじて30代主婦の しのっちです!
    美容や美肌に興味ありありな年齢ですが、いろんな商品を試してジタバタと頑張っています♡
    もともと肌が弱く、成人性アトピーもちなので、同じアトピーで苦しむ人のためにも、参考になる記事を書いていきたいと思います!

    そのほかいろいろ、興味のあることをランダムに配信中。
    気まぐれな性格なので、ほんとランダムです、ごめんなさい。

    可愛いもの、可愛い人が大好き♡
    芸能人は主にかわいい人を紹介していきます。





PAGE TOP ↑