*

巴里夫(マンガ家)死去…代表作は5年ひばり組、復刻本を自費出版

公開日: : 最終更新日:2016/08/13 芸能・ドラマ, 訃報

7月1日、漫画家の巴里夫さんがお亡くなりになったと、公式サイトで発表されました。

享年83歳だったそうです。

巴里夫さんといえば、戦後の漫画界を引っ張っていった先駆者のお一人。

代表作には「5年ひばり組」や「赤いリックサック」など。

現在50歳~40歳の方などはよくご存じの方が多いと思います。

近年では巴里夫さはご自身の過去の作品をまとめ、公式サイトで自費出版もされていました。

詳しく見ていきます。



 

マンガ家 巴里夫のプロフィール

巴

こちらのお写真は2009年の時。

76歳の時ですから、かなりお若く見えますね。

 

本名:磯島重二

生年月日:1932年11月22日

出身:大分県

血液型:O型

趣味:写真、陶芸、旧い映画

出身高校:中津第一高校、京都府立桃山高校

出身大学:関西大学

大学の入学金は巴里夫さんのお兄さんが出してくださったそうですが、その後の学費は自分で稼ぐように言われたそうです。

そのため、1952年にはカバヤキャラメルの景品のおまけのマンガを描いて、収入を得ていたそうです。

そして1954年の22歳の時に大学の学費を稼ぐために、貸本漫画の「日の丸文庫」で漫画家としてデビューしました。

先輩は工藤市郎さん、久呂田まさみさん、同期はさいとうたかをさん辰巳ヨシヒロさんなどがいらっしゃいます。

当時、貸本漫画の編集者の方に、少女漫画を描くよう勧められたそうですよ。

 

5年ひばり組の大ヒット!少女漫画家として活躍

 

そんな編集者の方のすすめもあって、1965年には「さよなら三角」で集英社の少女漫画誌「りぼん」で雑誌デビューしましたが、これはスカウトだったらしいです。

その後13年間「りぼん」の人気専属漫画家さんとして活躍。

5年ひばり組」が大ヒットをしました。

明るい「シンカンセン」と呼ばれる小学5年生の主人公(女の子)を中心に子どもたちの日常の生活を描いたこの作品は、発表されるや否や大ヒットだったそうで、連日段ボールでファンレターが届いたそうですよ。

エピソードのリクエストも殺到したそうで、読者とともに楽しんで書いていらっしゃったそうです。

hibari

マンガ

 

その後は雑誌「ぶ~け」の漫画コースの専属講師として漫画指導もされていました。

最後の学園マンガは「はひふへほしのこ」。

連載を終えた後に、マンガ家としての第一線は退いたそうです。

1980年代のころのようですが、だんだんと若い人と自分の感性にズレを感じるようになったからだそうです。

漫画作品という表舞台からは退いても、その後ずっと漫画界にかかわって

近年では、「りぼん」のほかにも「クッキー」(ご存知の方も多いのではないでしょうか)でも新人マンガ家の育成に2009年ころまで携わっていたそうです。

 


巴里夫マンガの復刻と自費出版

 

巴里夫さんは2010年3月~5月までの間、初めて鷺宮画廊で【巴里夫の個展―カムバック「5年ひばり組」】を開催したそうです。

その時には宣伝を行っていなかったようですが、非常に大盛況で、昔からのファンの方やマンガ好きの若い方などが来てくださったようで、巴里夫さんも大変に喜んでいらっしゃったようです。

そしてその時の個展の時に、当時巴里夫さんのマンガはすべて絶版となっていて、販売する単行本がなかったそうです。

そのため個展でも「もう一度読みたい」、「復刻してほしい」という声が寄せられ、巴里夫さんはマンガの復刻を決意しました。

今までのマンガ作品の原稿を整理する作業はとても大変だったそうです。

自主出版という形になりましたが、今までに多くの方が巴里夫さんの復刻版を手に取られたそうです。

復刻したマンガ作品

1.あくしゅでポン!

2.ばんざい15才

3.びっくり学園

4.二つ星の歌

5.学園歌手

6.母なし子守歌

7.花の合唱

8.ひなぎくの丘

9.歌劇おとめ

10.かぐや姫

11.かんざしの歌

12.ママお呼びでない

13.ないしょ星

14.おもいでのひとみ

15.おさげ星

16.おてんば選手

17.レモンのこころ

18.白ゆりの川

19.スカートとズボン

20.すみれがまわる

21.わたしは渡鳥

22.お友だち募集中

23.小公女

「疎開っ子数え唄」と「愛と炎・東京大空襲」(巴里夫さんが作画担当)は

「子どもたちの戦争」「戦争の傷あと」というタイトルに代わり、金の星社から現在も購入できるそうです。

楽天でも取り扱っているようですね。
 

 

戦後漫画家さんなので、少し絵柄は時代を感じますが、男性が書いたとは思えないようなかわいい絵柄です。

思うのですが、戦後すぐのマンガ家さんは赤塚不二夫さんや手塚治虫さんなどもそうですが、すべての方に共通して、表情が豊かで、躍動感がある絵柄ですよね。

現在のマンガ家さんたちとはまた違った画風が主流だったことがよくわかります。

 

また、巴里夫さんは戦争経験者の方のなので、戦中の暮らしを描いた「赤いリックサック」や、反戦マンガも多数描いています。

巴里夫さんがお亡くなりになられた…ということで、巴里夫さんのサイトは今月中に閉鎖される予定のようです。

現在は復刻本の注文ができない状態になっていますが、サイトはまだ見ることができます。

一部のマンガもご覧になれますよ。

 

なんと、巴里夫さんは、最近までビッグサイトやMGMなどでこの復刻本をご自身で販売されていたそうです。

(MGMはマンガの同人誌の即売会です)

かなり最近まで、会場に足を運んでいたそうで、ファンの方と直接接することができる機会を大切にされていたのでしょうか。

これはファンの方にはうれしかったでしょうね…。


巴里夫の死因は?

 

巴里夫さんの死因に関しては、報道でも公式サイトでも詳しくは発表されていません。

ただ、6月5日の本の即売会には顔を出しておらず、お休みだったそうです。

6月上旬には体調がよろしくなかったのか…など推測することもできますが、詳しいことは現時点ではわかっていません。

何か詳しい発表がされましたら、また追記させていただきます。

 

訃報にマンガ家からも悲しみの声

 

巴里夫さんの訃報を受けてツイッターでも続々と惜しむ声が上がっています。

ファンだけにとどまらず、同じマンガ家さんからも追悼の念が寄せられています。




 






 

まとめ

 

マンガ家さんはご自身で作品を書き続ける方も多い中、巴里夫さんは早い段階から、新人育成に力を注がれていらっしゃったようです。

それとともに、ご自身の作品を愛してくださった方のために、自費出版という利益を度外視した方法でマンガを提供する…というご自分のファンを大切にし、そしてどこまでもマンガを愛していらっしゃったんだなということが公式サイトからも感じられました。

マンガを愛し、ファンを愛し、そして次の世代を育てる…そんな巴里夫さんの生き方に、尊敬の念が絶えません。

巴里夫さんのご冥福を心よりお祈りしております。

関連記事

吉野朔実(マンガ家)突然の訃報…死因は?吉田戦車、ヤマザキマリから悲しみの声

藤島康介は事実婚の元カノ・元妻・子どもがいた?ネット上の反応が引き気味な件

読んでくださってありがとうございました。


よければ、合わせてお読みください♪

生活・健康関連の記事はこちら

>>ぺこのめっちゃぜいたくフルーツ青汁はまずい?おいしく飲める飲み方ランキング!

>>石原さとみも実践!ぷるっぷるの肌になる秘密は○○○クレンジングだった!!

>>深田恭子のアンチエイジングな美肌の秘密と最強保湿セラミド化粧品ベスト3!!

Sponsored Link


関連記事

ねこむ1

藤島康介と御伽ねこむのなれそめは?ツイッターでのやり取りがちょっとビミョー?な件

日本一かわいいコスプレイヤーの御伽ねこむさんと、人気漫画家の藤島康介さんが結婚したという報道がありま

記事を読む

%e4%ba%95%e4%b8%8a%e7%ab%9c%e5%a4%ab

井上竜夫死去…娘の歌手井上実香と妻(嫁)について

吉本新喜劇の名老け役として活躍していました、竜爺こと井上竜夫さんが10月5日の早朝に亡くなられていた

記事を読む





  • かろうじて30代主婦の しのっちです!
    美容や美肌に興味ありありな年齢ですが、いろんな商品を試してジタバタと頑張っています♡
    もともと肌が弱く、成人性アトピーもちなので、同じアトピーで苦しむ人のためにも、参考になる記事を書いていきたいと思います!

    そのほかいろいろ、興味のあることをランダムに配信中。
    気まぐれな性格なので、ほんとランダムです、ごめんなさい。

    可愛いもの、可愛い人が大好き♡
    芸能人は主にかわいい人を紹介していきます。





PAGE TOP ↑