*

【リオオリンピック】男子マラソン日本代表選手と競技日程、日本での放送予定!

気が付けばすでに中盤を過ぎたリオ・オリンピック。

序盤は「日本勢」の停滞ムードで、今一つの感があったのは確か。

それを払拭したのは、やはり「男子体操総合」の優勝だと思います。

予選4位からの総合優勝がその後のメダルラッシュの契機になったのは間違いのないと、勝手に感じています!(*´▽`*)

この流れにのって、陸上競技にも期待したいですね!

体操

引用先:http://mainichi.jp/graphs/20160809/hpj/00m/050/003000g/8

今回はオリンピック最後のほうに控えるマラソン(男子)の日本代表選手と放送予定などご紹介いたします!



 

オリンピックの陸上競技で結果を残した男子選手

 

私が直近で思い出すのが、北京の4×100mリレーの「銅」

そして、アテネの室伏広治さんの「金」です。

そう、ハンマー投げの。

室伏

引用先:http://daliosite.com/archives/1547

日本の「陸上競技」、はっきり言って日本にとっては鬼門です。

なかなかメダルが取れません!

けどちょっとお待ちを!

「日本人は、短距離は今一つだけど、長距離、特にマラソンは強くない?」

って、思われませんか?

私も調べるまでは、そう思っていました。

あの絶対的エースの瀬古利彦さんや宋兄弟もいらした遠い昔の記憶もあるし・・・

瀬古

引用先:https://middle-edge.jp/articles/I0001226

けど、結果は以下の通り、

「銀メダル」

1968年(メキシコシティ)君原健二さん

1992年(バルセロナ)森下広一さん

「銅メダル」

1964年(東京)円谷幸吉さ

 

私たち、日本人は新年を「箱根駅伝」で迎えますし、市民マラソンランナーも随所に見ることができます。

市民マラソン大会の数も決して少なくないでしょう。

なので、そこはかとなく「マラソンは強い」と思っていました。

でも実は、メダルを取ったのは一番近くて24年も前!なんですねぇ…!

 

では、今年は誰が走るの!?

速いの!?

素朴な疑問が沸いてきませんか?

次に日本人ランナーの皆さまを紹介しますね。



 

韋駄天ジャパン(マラソン日本代表)のメンバー

(野球やサッカーは勿論、「水球」でさえ「ポセイドン・ジャパン」と命名されているので、親しみを込めて、私が勝手に命名致しました

 

佐々木悟選手(30)

佐々木

引用先:http://nehohaho.com/2460.html

秋田県大仙市出身

実績:福岡国際大会、2015年(12月)大会にて日本人で唯一の2時間8分台を出しました。

タイム:2時間8分56秒

1位は、パトリック・マカウ選手(ケニア)で、タイムは2時間8分18秒。

引用先:http://tr.twipple.jp/h/a6/1f/%E5%8C%97%E5%B3%B6x%E3%83%AA%E3%82%AA.html

 

北島寿典選手(31)

北島

滋賀県甲賀郡出身

実績:2016年(3月)の琵琶湖マラソンで2位でした。

タイム:2時間9分16秒

1位はルーカス・ロティチ選手で、タイムは2時間9分11秒。

引用先:http://matome.naver.jp/odai/2145730447932876501

 

石川末廣選手(36)

石川

三重県出身

実績:2016年(3月)の琵琶湖マラソンで4位でした。

タイム:2時間9分25秒

日本代表選手の勝機は?

男子マラソンの日本代表メンバーは、2時間06分30秒という設定記録が設けられた選考でしたが、男子は期待された東京マラソンの不発で、設定記録を突破する者がひとりも出ないという中での選考となったそうです。

そこには、苦渋の決断があったんですね。

 

では、全く期待できないほどの「差」が外国選手とあるのでしょうか?

福岡国際大会での佐々木悟選手のパフォーマンスを1位のパトリック・マカウ選手(ケニア)のタイムから、ちょっと比較したいと思います。

佐々木悟選手:2時間8分56

→平均時速:19.6キロ

パトリック・マカウ選手(ケニア):2時間8分18秒

→平均時速:19.7キロ

ケニア

引用先:http://blog.livedoor.jp/haqwe9876/archives/2011-09.html

最終的な「差」は約284m(トラック半周強)と推定されます。

 

素人的には1時間で100mの差でもあり、一見すると絶望的な「差」とは思えません。

でも、お互いが限界まで心肺機能を高め、競り合う「競技」のなかでは、これが「致命的」な「差」なんでしょうね…。

競技で大切なのは、タイムだけではなく、記録が重要になってきます。

特に「順位」という記録が、オリンピックという場では大事になってくるんですね。

競技が始まってみないと、選手たちがどんな走りをして、どんなタイム、そして結果になるか分からないのが面白いところです。



 

想定されるレースの流れは?

リオ・オリンピックは言うまでもなく「夏季」オリンピックです。

現地では実は現在冬の季節になりますが、それでも気温で25~27度、湿度は80%ほどと、決してマラソンに適したコンディションとは言えません。

湿度が高いとレース展開も苦しくなります。

 

他大会のレース展開を顧みても、厳しい状況の場合は、前半はスローペースで進むことがほとんど。

特に男子はその間も細かな揺さぶり合いで、体力を消耗させられ、35km過ぎからは強烈なスパート合戦になり40㎞過ぎで更なるスパート合戦が展開されると予想されます。

 

その中で、2時間8分~9分台がベスト記録である日本勢は、まだまだ力量不足と、正直感じてしまいますね。

これまでも後半からのスピードで劣り、対応できないというレースが多かったです。

 

でもそれでも、韋駄天ジャパンのメンバーに期待したいんですね。

とりわけ、北島寿典さんの「琵琶湖マラソン」で見せた「粘り」に期待したい。

40キロ地点で首位との「差」が33秒ありました。

しかし、結果は首位と5秒差の2位だったんですね。

これは、北島さんが「競り合い」に強いことを示していると同時に、私は彼が土壇場で「粘れる」アスリートと考えています。

 

男子マラソン日程(日本時間)及び放送予定

8月21日(日)

21:35~24:15

NHK総合で放送予定です!

 

まとめ

水泳、体操、柔道のメダルラッシュに沸く日本。

今後もテニス、男子100m×4リレー、女子レスリング等、まだまだ盛り上がる要素を探し求めることができる。

が、一転「陸上競技」が始まるとボルトに始まる「外国人選手」に目がいってしまいます。

世間一般では、「男子マラソン」なら「女子マラソン」の方が実績もあるし・・・

面白い、という意見があるのも事実。

そう、高橋尚子さの実績もあるし、女子マラソンは「金メダル」を2回取っていますので。

しかし、今回こそは日本男児の「意地」を見たいですね!

いい意味での「驚き」を期待したいです。

「夢を、想いを、誓いを」―頑張れ「韋駄天ジャパン」、Flat out!で(全開で!)

関連記事

【リオオリンピック】日本のメダル候補者&注目選手まとめ(男子選手編)

【リオオリンピック】レスリング(女子)金メダル候補の日本代表選手、試合日程、放送予定!

読んでくださってありがとうございました。


よければ、合わせてお読みください♪

生活・健康関連の記事はこちら

>>ぺこのめっちゃぜいたくフルーツ青汁はまずい?おいしく飲める飲み方ランキング!

>>石原さとみも実践!ぷるっぷるの肌になる秘密は○○○クレンジングだった!!

>>深田恭子のアンチエイジングな美肌の秘密と最強保湿セラミド化粧品ベスト3!!

Sponsored Link


関連記事

猫ひろしプロ

【画像あり】猫ひろしの嫁と子どもはカンボジア在住?シャム猫似のスレンダー美女!

カンボジア国籍を持ち、カンボジアのマラソン大会で優勝したタレントの猫ひろしさん! 優勝したこと

記事を読む

%e4%bc%8a%e9%81%94%e5%85%ac%e5%ad%90

伊達公子がミハエルクルムと離婚!クルムのパン屋さんはどーなるの?!

テニス選手の伊達公子さんが、ドイツ人でありレーサーのミハエル・クルムさんと離婚したことがわかりました

記事を読む





  • かろうじて30代主婦の しのっちです!
    美容や美肌に興味ありありな年齢ですが、いろんな商品を試してジタバタと頑張っています♡
    もともと肌が弱く、成人性アトピーもちなので、同じアトピーで苦しむ人のためにも、参考になる記事を書いていきたいと思います!

    そのほかいろいろ、興味のあることをランダムに配信中。
    気まぐれな性格なので、ほんとランダムです、ごめんなさい。

    可愛いもの、可愛い人が大好き♡
    芸能人は主にかわいい人を紹介していきます。





PAGE TOP ↑