*

伊調馨の最強の秘密は母?亡き母に捧ぐ、オリンピック4連覇!!

公開日: : 最終更新日:2016/08/18 スポーツ, リオオリンピック , , , , , ,

吉田沙保里選手とともに女子レスリング界の頂点に君臨している伊調馨選手。

女子としては前人未到のオリンピック4連覇を成し遂げるか、注目を集めていますが、それにしても伊調馨選手の強さの秘密は何なんでしょうか??

2014年からは25試合連続無失点試合をして、オリンピックや世界選手権などの世界大会では13回優勝。

今回は伊調馨選手の強さの秘密について検証します!

※追記

4連覇達成しました!


伊調馨のプロフィール

伊調

引用:http://beijing2008.nikkansports.com/wrestling/photo/20080817-65753.html

(いちょう かおり)

生年月日:1984年6月13日(32歳)

出身:青森県

身長:166㎝

出身高校:中京女子大学附属高校(現至学館高等学校)

出身大学:中京女子大学(現至学館大学)

レスリングをしていた兄や姉の影響で伊調選手もなんと3歳の時にレスリングを始めました。

レスリング場が遊び場だったため、自然とレスリングを始めたみたいですね。

高校・大学とレスリング強豪校に進学。

56㎏級の時は吉田選手がライバルだったので大苦戦(霊長類最強女子ですからね…)、その後階級を上げてから負けなしになっていきました。

吉田選手と同様に、アテネ・北京・ロンドンで金メダル獲得。

北京の時に一度引退表明をしましたが、その後に撤回して、ロンドンで金メダルを取っていますね。

吉田選手とともに「不敗神話」で知られていますが、けがによる不戦敗をぬかすと2003年のサラ選手以来負けはなし。

その後、189連勝して、2016年1月29日にロシアのヤリギン国際大会決勝でモンゴルの22歳の無名の選手オーコン・プレブドルジ選手に13年ぶりに敗れて、記録がストップしています、

実はこの時、伊調馨選手は大会前に不安を口にしていたといいます。

今、少し悩んでいる。間合いをつかむヒントが欲しい

引用:http://news.biglobe.ne.jp/sports/0130/spn_160130_1828840847.html

王者でも迷いが出ることがあるんですね。

しかし栄和人強化本部長は「立て直す時間はある」と言っていたので、今回のリオオリンピックもきっちりと調子を合わせてきたんじゃないでしょうか。

といいますのも、前回のロンドン五輪では、靭帯が切れた状態で出場していたのです…。



 

靭帯切れても、オリンピック3連覇

伊調馨選手の凄さを物語る逸話があるのが、なんといっても2012年のロンドンオリンピック。

3連覇という偉業の他に、彼女が強すぎると周りを驚愕させたエピソードがあるんですね。

それがさきほどご紹介した靭帯損傷。

伊調馨選手は試合の5日前という直前に、左足をひねって左足首の靭帯3本のうち、1本半が切れてしまったんです。

試合当日は痛み止め薬と、テーピングで固定して出場。

棄権…とならないところがすごいですが、さらにすごいのは結局1ピリオド(P)も失わずに金メダルを獲得したこと。

靭帯を損傷しているにもかかわらず、圧倒的強さを見せつけました。

しかし、ここでも伊調馨選手は満足せず、自分の試合を振り返って、うれしさ半分悔しさ半分、そしてオリンピック3連覇をあまりすごいとは思わない、とコメントしています。

この方も生きるレジェンドですね…。

 

この精神力・肉体的強さはどこから来るのでしょうか?

検証してみました。

精神力の強さ=母の影響?

まずはご家族のご紹介。

父:伊調春行

母:伊調トシ

兄:伊調寿行

姉:伊調千春

この中で唯一レスリングをしていないお母様の伊調トシさんですが、実は一番勝負ごとに厳しかったといいます。

なんでも教育方針が「勝負事には死んでも勝て」というものだったらしく、その影響を子どもたちは受けて育ちました。

じつは一度引退表明をしながら、撤回したのはお母さんのトシさんの影響が大きかったといいます。

トシさんが、マットの上で戦う姿を見られなくなるのは寂しい…といったらしいんですね。

それを聞いて現役続行を決断したといいます。

 

そしてお母さんの教えから、伊調馨選手は常にご自分の試合に対して厳しい目で見ているんですね。

その厳しさから、「次も金メダル…」といった周囲の期待やプレッシャーもものともしない強さがうかがえます。

 

どこまでも満足せず、貪欲に勝ちをもとめる…という教育が今の伊調馨選手を最強の選手に育て上げる一端を担ったのでは…と個人的に思います。

そんな最強教育をしたお母様のトシさんですが、2014年11月28日に青森県の自宅で倒れて頭を強打。

病院に運ばれましたが、意識が戻らないまま息を引き取りました。

病院には子供たち全員が駆けつけ、看取ったそうです。

今回のリオオリンピックでは、亡き母に捧げるメダルを頑張ってとってほしいです。

※追記

終了間際で見事大逆転、金メダル獲得です!

最後はお母さんが助けてくれた…と泣いていました(´;ω;`)



 

肉体的強さ=男子との練習の成果

次に肉体的強さについてですが、これはどうやら北京オリンピック後に練習方法を変えたことによるみたいですね。

もちろんそれまでも、もともと強すぎる選手でしたが、2010年に東京都で一人暮らしを始めたときに、初めて男子の練習にも参加するようになったそうです。

その時ははじめは全く相手にしてもらえなかったそうですが(これ結構びっくりですね 女子とはいえ金メダリストなのに…)伊調馨選手は休まず練習を続けました。

そして、今までの自分のレスリングはカンで試合をしていたこと、レスリングの理論つまりレスリングについて全くわかっていなかったことを痛感したといいます。

初めてレスリングノートを付け、少しずつ高度な技術を身に着けて、レスリングも今までの守りの勝ち方から、攻めの勝ち方に代わっていきました。

その結果が、靭帯を切ってもロンドン五輪で優勝…という偉業に結び付いたようです。

 

しかし…それにしても、カンでアテネと北京のオリンピックで金メダル獲得…ってどんだけ最強なんでしょうか??

その伊調馨選手が技術的な面でも技を身に着けたら、そりゃあレジェンドになりますよ。

ということで、今回のリオも直前で負け試合はありましたが、跳ね返してくれるのではと思っています!

まとめ

最強でありながら、常に先を見て、自分に厳しく戦い続ける伊調馨選手。

今回4連覇を成し遂げた先に見る世界はどんなものでしょうか。

吉田沙保里選手とともに女子初の偉業を達成してほしいと願っています!

追記

見事オリンピック4連覇で国民栄誉賞もあるかもしれませんね!

関連記事

【リオオリンピック】レスリング(女子)金メダル候補の日本代表選手、試合日程、放送予定!

【画像あり】伊調馨には結婚相手(彼氏)がいた!破局の理由と姉や兄について

読んでくださってありがとうございました。


よければ、合わせてお読みください♪

生活・健康関連の記事はこちら

>>ぺこのめっちゃぜいたくフルーツ青汁はまずい?おいしく飲める飲み方ランキング!

>>石原さとみも実践!ぷるっぷるの肌になる秘密は○○○クレンジングだった!!

>>深田恭子のアンチエイジングな美肌の秘密と最強保湿セラミド化粧品ベスト3!!

Sponsored Link


関連記事

岡崎慎司

レスター優勝!岡崎慎司をささえる家族(嫁と子ども)の絆!画像あり

プレミアリーグの優勝争いで2位に勝ち点7差をつけ首位に立つレスター・シティのFWで活躍中の岡崎慎司選

記事を読む

ドロー表

【リオオリンピック】錦織圭選手のテニス試合日程、ドロー(トーナメント組み合わせ)、日本での放送時間は??

いよいよ開幕するリオオリンピックですが、日本でも数々の競技が放送予定です。 どの試合が放送され

記事を読む





  • かろうじて30代主婦の しのっちです!
    美容や美肌に興味ありありな年齢ですが、いろんな商品を試してジタバタと頑張っています♡
    もともと肌が弱く、成人性アトピーもちなので、同じアトピーで苦しむ人のためにも、参考になる記事を書いていきたいと思います!

    そのほかいろいろ、興味のあることをランダムに配信中。
    気まぐれな性格なので、ほんとランダムです、ごめんなさい。

    可愛いもの、可愛い人が大好き♡
    芸能人は主にかわいい人を紹介していきます。





PAGE TOP ↑