*

木村敬一(パラリンピック競泳)のツイッターがちょっと面白いw速さの秘密は筋肉?

9月にはリオパラリンピックが開催されますが、なんといっても注目なのは金メダル候補筆頭の競泳の木村敬一選手!

筋肉隆々の素晴らしい肉体をもち、顔もイケメンさんです

パラリンピックにはクラス分けがあり、オリンピックよりも少々複雑ですが、非常に見ごたえのある大会です。

競泳のクラス分けも含めて、木村敬一選手のプロフィール・家族・そして面白ツイッター・速さの秘密などをご紹介します!


木村敬一のプロフィール

木村

引用:http://www.scoopnest.com/ja/user/Tokyo2020jp/493925691956543488

かっこいいです!

生年月日:1990年9月11日

出身:滋賀県栗東市

出身大学:日本大学文理学部

身長:171㎝

体重:65㎏前後

体脂肪:7%前後

所属:東京ガス

水泳を始めたのは小学校4年生(10歳)の終わりの頃で、これはお母さんがすすめたそうです。

といいますのも、県立盲学校商学部は木村敬一選手の自宅から車で1時間かかるため、小学校1年生の時から木村選手は寄宿舎生活だったらしいんですね。

つまり月曜~金曜までは木村敬一選手は寄宿舎で過ごすため、家族とは離れ離れ。

そんな息子と週に1回スイミングクラブに通わせるために、寄宿舎から連れ出すことがお母さんにとっての楽しみでもあったそうです。

そして、そのお母さんの息子を想う気持ちが、木村敬一選手を競泳という世界で活躍するきっかけとなりました。

 

小学校5年~6年生の時には、基本的な泳ぎ方ができるようになった…という状態だったそうです。

小学校を卒業した後は、筑波大付属盲学校中学部に入学して、水泳部に入ります。

 

そして中学校2年生の頃に、数々のパラリンピックメダリストを育てた筑波大学附属視覚特別支援学校の寺西真人コーチから、本格的に水泳をやらせたいという打診が、ご両親にあったそうです。

当時寺西コーチは、木村敬一選手に特別な才能を見出したわけではなく、ただ人一倍練習をして負けず嫌いの木村敬一選手に可能性を感じたから…とおっしゃっていました。

 

そして、水泳を本格的に始めると同時に、体づくりも強化していきます。

もともと細身の体質だそうで、食べないと痩せてしまうんだとか。

そのため、今でも基礎筋力トレーニングと、しっかり食事をとることは欠かさないといいます。

木村敬一選手の筋肉は素晴らしいですもんね!

 

そして、寺西コーチのもとで、木村敬一選手の才能は徐々に開花していきます。

2008年の高校3年生の時に北京パラリンピックに出場して、100m自由形5位、バタフライ6位と好成績を収めます。

2012年9月のロンドンパラリンピックでは、見事2種目でメダルを獲得しました。

100m平泳ぎ(SB11)銀メダル

100mバタフライ(S11)銅メダル

100m自由形 5位

50m自由形 5位

クラスはS11、SB11、SM11(全盲)

そして2014年 仁川アジアパラリンピックでは4冠(100m自由形、50m自由形、100m平泳ぎ、100mバタフライで1位)を達成するなど、今最も金メダルに近い注目の選手です!

2015年7月のIPC世界選手権水泳競技会で金メダルを獲得して、ほかの競泳選手より一足先にリオパラリンピック出場を決めました!

 

 

パラリンピックのクラスって??

パラリンピックでは、障害の程度によって各クラスに分けて戦います。

ただこれって、オリンピックでも普通にクラス分けってありますよね。

男女の差だったり、レスリングでの階級別だったり…。

明らかな体格や力を差をなくし、公平さを保つためにもうけられている制度と言えます。

 

それが、パラリンピックの場合は障害の度合いの差が細かいため、クラス分けも少し細かい…という感じです。

競泳におけるクラスですが、障害の種類と泳ぎ方によって分けられます。

まずは泳ぎ方について。

S=自由形・背泳ぎ・バタフライ

SB=平泳ぎ

SM=メドレー

障害の種類は身体障害・視覚障害・知的障害に分けられます↓

クラス分け

引用:http://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/3300/226255.html

この数値の小さいほど障害が重くなっています。

 

身体障害の一例ですが、S5(自由形)の選手といえば、水泳をする上での身体機能の50~60%失われた状態。

そしてS7(自由形)の選手といえば、水泳をする上での身体機能25~30%失われた状態といいます。

 

全盲で泳ぐ恐怖

視覚障害では「11」が一番障害が重度(全盲)に区分されています。

木村敬一選手は全盲ですので、S11、SB11、SM11というクラスになります。

 

全盲の方は、夢中で泳いでいるときにまっすぐ前に進んでいるのか、壁が近づいていないか?などの不安がつきまといます。

コースロープにぶつかることはしょっちゅうで、五体満足であっても、その「視えない恐怖」は想像を絶するものでしょう。

そもそも、目が全く見えない状態では、どんな人でもまっすぐに泳ぐことは無理なんだそうです。

木村敬一選手のお友達で、大学で同じサークルに入っていた友人は、木村敬一選手が着用を義務付けられている真っ黒に塗られた何も見えないブラインドゴーグルを付けて泳いでみたといいます。

暗闇の中を泳ぐのは、いま思い出しても怖いぐらい衝撃だった

あいつはこんな世界を泳いでいるのか、しかも俺より速いスピードで。

それを知ったら、ただただすごいと思った

引用:http://www.asahi.com/special/challenged/swimming/keikimura/02.html?=fromPrev

「何も視えない」視覚障害の方は、ライバルだけではなく、常に「恐怖心」とも戦い続けているのです。

そんな視覚障害の方を手助けする「タッパー」と呼ばれる人が、視覚障害者の競泳の時には登場します。

このタッパーは先にスポンジのようなものがついた棒を持ってプールサイドに待機していて、選手が壁に近づいてくると、肩や背中をタッピングして、「もうすぐ壁ですよ」と教えてくれる役目を担ってくれています。

このタッピングによって選手は自分がどの位置にいるか把握することができるんですね。

木村敬一選手のタッパーは中学生の時に、競泳を本格的に始めるきっかけとなった寺西さんで、リオオリンピックでもタッパーを務めるそうです。

他にも、障害によって、スタートの時に介助者が必要な方などの介助人など、障害の度合いによって介助者が登場することがあります。

 

木村敬一の家族は?

父親は稔さん(56歳)、母親は正美さん(54歳)。

お父さん

引用:http://www.asahi.com/special/challenged/swimming/keikimura/video1.html

こちらはお父さんの稔さんで、普通のサラリーマンだそうです。

とてもいいお父さんとお母さん…という感じで、お母さんは小学校の時に週末に帰ってくる息子のために、好きな料理を作ったり、お父さんは視覚以外の感覚で感じてほしい…ということでいろんな場所(野球観戦や栗拾いetc)に木村敬一選手を連れ出したといいます。

また、妹さんもいるようです。



 

 

木村敬一の障害は?

先天性疾患による両眼網膜剥離により、2歳の時に全盲に。

増殖性硝子体網膜症と呼ばれる疾患だそうです。

ご両親は、木村敬一選手が目の焦点が合っていないことや物にぶつかることに気づいて、病院に連れて行ったそうです。

お医者さんは治療をしても見えるようにならない…と告げられたそうですが、ご両親は見えると信じて手術を3度受けさせます。

2歳4ヶ月から4か月間にわたって3度の手術を受けたそうですが、このご両親の気持ちは痛いほどわかります。

2歳の時

引用:http://www.asahi.com/special/challenged/swimming/keikimura/01.html?=fromL1#panorama

とても可愛いですね!

この時はまだ少し見えていたそうです。

 

木村敬一の早さの秘密は筋肉?

木村敬一選手は、もともと細身の方だそうですが、大学に入学してから自炊を始めて、食事もしっかりとっていたそうです。

筋肉

引用:http://blue.ap.teacup.com/mio-s/1762.html

肩から腕の筋肉がすごいですね!

さきほど、目が見えない状態だと、まっすぐ泳ぐことは不可能とご紹介しましたが、全盲の方は左右にぶれながら、コースロープにぶつかって戻る…ということを繰り返して、泳いでいきます。

ぶつかるとタイムロスにつながるのですが、それと同時にかなりのスピードで泳いでいますので、コースロープにあたったときは相当痛いみたいで。

そのコースロープにぶつかったときのロスが、筋肉隆々の体を持つ木村敬一選手はほかの選手よりも少ないため、強いといわれています。

筋肉を鍛え上げることで、ぶつかったときの衝撃と痛みを和らげているので、スピードダウンが極力少なくなっているんです。

つまりこれが金メダル候補、木村敬一選手の強さの秘密なんですね。

 

日々の筋トレが功を奏したのか、ロンドン五輪の時には60㎏だった体重が現在は65㎏オーバーになったといいます。

激しい練習に耐えられるように、食事は1日5食とり、さらに体が大きくなったといいます。

朝起きて練習前にまず1食、朝練後に1食、昼食、夜練の前に1食、夜練後に夜食…炭水化物とたんぱく質を中心にとるといいます。

でもこの5食食べるってことは、結構つらいそうなんですね。

レスリングの選手も階級を上げるときに増量しますが、減量と同じくらいつらいといいます。

激しい練習後にどんぶり飯は厳しいですよね…。

現在は自炊をする余裕がなくて、コンビニやスーパーで買った食事らしいのですが、食事も筋トレと思って頑張っているそうです。

そんな日々の努力の甲斐があって、木村敬一選手の素晴らしい肉体がつくられているんですね。

 

木村敬一のツイッターがちょっと面白いw

さてさて、木村敬一選手はツイッターをしていますが、それがなかなか面白いです。



そうだねw






こう見ると、アスリートというよりも普通の青年って感じですね~。

また好きな芸能人(声で判断)は広瀬すずさんらしく、映画「ちはやふる」を見に行っていました。

声で美人度がわかるのでしょうか…!

素晴らしい心眼ですねw



 

 

まとめ

木村敬一選手のお友達のインタビューを見ましたが、「時々全盲であることを忘れる」という存在だそうです。

それもそのはず、木村敬一選手はオリンピック選手の世界記録に14秒負けていることに悔しがっているんで。

すげ~~負けず嫌いw

障害があることに甘んじてしまうと、成長できないと考えていて、パラリンピック金メダルはもちろんですが、オリンピック選手のタイムにも追いつきたいと考えているようなんですね。

先ほど速さの秘密は筋肉…と説明させていただきましたが、そんな負けず嫌いの性格と向上心も、今の木村敬一選手の成長につながっている気がします。

リオオリンピックでの活躍も楽しみですね!

関連記事

【リオパラリンピック】一ノ瀬メイが水原希子に似てかわいい!母親や家族について

読んでくださってありがとうございました。


よければ、合わせてお読みください♪

生活・健康関連の記事はこちら

>>ぺこのめっちゃぜいたくフルーツ青汁はまずい?おいしく飲める飲み方ランキング!

>>石原さとみも実践!ぷるっぷるの肌になる秘密は○○○クレンジングだった!!

>>深田恭子のアンチエイジングな美肌の秘密と最強保湿セラミド化粧品ベスト3!!

Sponsored Link


関連記事

福原愛

【リオオリンピック】卓球(女子)の試合日程、トーナメント組み合わせとテレビ放送予定!

ついに開幕したリオオリンピックですが、開会式より一足先に行われた男子サッカーはナイジェリア相手に5-

記事を読む

モハメドアリ

モハメドアリ死去…死因は?娘はレイラアリ…4回結婚、9人の子どもがいた!

プロボクシングの元ヘビー級王者のモハメドアリさんが、6月3日に亡くなられました。 享年74歳だった

記事を読む





  • かろうじて30代主婦の しのっちです!
    美容や美肌に興味ありありな年齢ですが、いろんな商品を試してジタバタと頑張っています♡
    もともと肌が弱く、成人性アトピーもちなので、同じアトピーで苦しむ人のためにも、参考になる記事を書いていきたいと思います!

    そのほかいろいろ、興味のあることをランダムに配信中。
    気まぐれな性格なので、ほんとランダムです、ごめんなさい。

    可愛いもの、可愛い人が大好き♡
    芸能人は主にかわいい人を紹介していきます。





PAGE TOP ↑