*

アメリカ大統領はトランプで大丈夫?!トランプの炎上した過激な暴言の数々!

公開日: : 最終更新日:2016/11/10 時事 , , , , , , ,

アメリカの大統領選の行方に世界の注目が集まっていますが、その影響で、円相場も株価も乱高下してます。

当初はクリントン氏が有利と言われていて、株価も大きな影響はなかったのですが、開票が進むにつれて、トランプ氏の優勢が報じられて、株価も大幅に下落。

トランプさんの過激さはみなさんご存知だと思うのですが…(´;ω;`)

選挙の現時点までの様子と、トランプ氏の暴言について詳しく見ていきます。


前半はヒラリー・クリントン有利

前半は民主党候補のヒラリークリントン有利ということで、105円台まで円安はすすみ、株価は上昇。


黒人に圧倒的な人気なのはクリントン氏。

日経平均は前日に比べると、250円上昇しました。

 

しかし、開票が進むにつれ、トランプ氏との接戦が繰り広げられます。



トランプ氏が大統領選に勝利??!


接戦の影響を受けて、日経平均株価は一時的に1000円以上下がり、最終的には919円安になりました。

さらに政情不安からドルが売られ、円高に。

勝敗を分けるといわれていた「激戦州」で、トランプ氏はフロリダ(選挙人29)、オハイオ(18)、アイオワ(6)で勝利、ネバダ(6)ではクリントン氏が勝利。

残る激戦州はペンシルベニア(20)、ミシガン(16)、アリゾナ(11)、ウィスコンシン(10)などですが…。

senkyo

引用:http://news.yahoo.co.jp/story/430

なんかやばいことになってきましたね…。


え…あと26人でトランプ氏が勝利???

もうハラハラしてみていられない…!!!

といいますのも、トランプ氏は「大統領になって大丈夫ですか?」といいたくなるくらい、過激な暴言の数々を連発しています。

※追記

トランプ氏が大統領確定です…!!

はわわわΣ(O_O;)


トランプの過激な暴言

toranpu

引用:http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2015/08/post-765.php

名前はドナルド・トランプと親しみがわいて可愛いですが、発言は可愛くありません…。

①女性差別的な発言

2015年12月21日のミシガン州で開かれた選挙集会にて、ライバルのヒラリークリントン氏についてこのように発言しています。

19日に行われたテレビ討論会で、クリントン氏がトイレ休憩か遅れて戻ってきたことを指摘して、

「彼女がどこに行ったかは分かっている。ああ気持ち悪い。口にしたくもない」「いや、気持ち悪すぎる。言わないでくれ、へどが出る」

さらに同じ共和党候補のカーリー・フィオリーナ氏に対しては

「あの顔を見てみろ!誰があんなのに投票するかね?」

厳しい質問を投げかけてきたアメリカFOXニュースのメーギン・ケリー氏には、生理中だったのかも…と発言。

今年の10月19日の大統領候補討論会では、クリントン氏のことを「なんていやな女なんだ!」

全ての発言で大炎上を起こしています…。

 

②メキシコとの国境の壁の建設

出馬会見でトランプ氏は、メキシコの移民が麻薬や犯罪をアメリカに持ち込んでいて、「レイプ犯」とまで言い切り、さらにメキシコとの間に万里の長城のような国境の壁を作ると公約。

さらに建設費はメキシコもちというめちゃくちゃさ…。

 

③ライバルの電話番号を公表

共和党のライバル候補リンジーグラハム氏の携帯電話番号を、あろうことか演説の中で暴露。

さらに「この電話番号に電話してみよう!」と聴衆をあおりました。

モラルは…???

このリンジーグラハム氏とトランプ氏は仲が悪いのか、お互いを「バカ」とか「間抜け」とか言い合っているそうで、二人で子どもの喧嘩か??

④日本も核武装をした方がいいよ!→そんなこと言ってない!

米大統領選の第1回テレビ討論会でトランプ氏は日本についても話していますが…

日本のせいで我々は巨額の資金を失っている。世界の警察官になることはできない。必要な負担を求める」

「何百万台も車を売っている経済大国の日本を守ることはできない」

さらに6月に開かれたカリフォルニア州サクラメントの集会では、日本も北朝鮮から身を守るために、核も含めて、自衛したほうがいいと発言しています。

日本の核武装を認めてこなかったのは、アメリカさんですよね…???

しかしその後、「日本が核武装をした方がいいなんて言ってない!」と発言。

え??Σ(・ω・ノ)ノ!


トランプはアメリカ国民が待ち望んだ大統領?

このような暴言の数々にもかかわらず、開票直前の世論調査では、クリントン氏の支持率が45.3%、トランプ氏が43.0%と、接戦を予想。

蓋を開けてみると、トランプ氏優勢で進んでいます。

なぜ過激なトランプ氏のほうが優勢になっているのでしょうか…。

 

過去6年半はオバマ大統領の政治。

オバマ大統領は決して暴言などはかない、簡単に言えばお行儀のよい大統領だったんですね。

オバマ大統領も、当選当時は大人気で、アメリカを変えてくれる大統領として支持が高かったですが、結果は思わしくなく、国民も失望していきます。

国民が鼓舞するような力強い大統領、アメリカを根底から変えていってくれるような大統領を待ち望んでいたのかもしれません。

それがトランプ氏とは言えませんが、発言の影響力はかなりのもの。

加えてトランプ氏は歯に衣着せぬどころか、言ってはいけないような本音もバンバン発言。

その姿勢に、国民は一種のキレの良さや爽快さを感じでしまったのかもしれませんね。

 

クリントン氏はいわゆる政治家さんで、本音はもちろん見せません。

もうきれいごとはいいよ!!とアメリカ国民が思っているのか、クリントン=嘘をいっている、トランプ=本音を言っている…そんなイメージがついた可能性もあります。

しかし、過激なトランプ氏の政治がどうなるかは、大統領になってからでないとわかりません…。

それにしても、日本の核発言に対して、「言ってない」と言ってしまうところに、恐ろしさを感じますが…。

年齢も70歳と最高齢ですしね。

株式市場もしばらくの間あれそうですが、大統領選の行方が気になります。





皆さんの心が一つに…!(笑)

いや、笑いごっちゃない…(;´・ω・)

関連記事:トランプの過激な公約…トランプ大統領誕生はアニメやカードで予言されていた?!

読んでくださってありがとうございました。


よければ、合わせてお読みください♪

生活・健康関連の記事はこちら

>>ぺこのめっちゃぜいたくフルーツ青汁はまずい?おいしく飲める飲み方ランキング!

>>石原さとみも実践!ぷるっぷるの肌になる秘密は○○○クレンジングだった!!

>>深田恭子のアンチエイジングな美肌の秘密と最強保湿セラミド化粧品ベスト3!!

Sponsored Link


関連記事

今井絵里子

今井絵里子、当選!2016参議院議員当選者、美人議員まとめ!

第24回参院選の投票日が無事に終了して、ふたを開けてみると自民公明の与党で70議席と、安倍晋三首相が

記事を読む

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%9d%80%e7%89%a9

眞子様が美しすぎて、大統領が緊張して銅像のように棒立ちwあげく感動して号泣w

南米パラグアイを公式訪問中の秋篠宮眞子内親王殿下ですが、現地での歓迎っぷりが半端ないようです。

記事を読む





  • かろうじて30代主婦の しのっちです!
    美容や美肌に興味ありありな年齢ですが、いろんな商品を試してジタバタと頑張っています♡
    もともと肌が弱く、成人性アトピーもちなので、同じアトピーで苦しむ人のためにも、参考になる記事を書いていきたいと思います!

    そのほかいろいろ、興味のあることをランダムに配信中。
    気まぐれな性格なので、ほんとランダムです、ごめんなさい。

    可愛いもの、可愛い人が大好き♡
    芸能人は主にかわいい人を紹介していきます。





PAGE TOP ↑