*

インフルエンザ検査にベストな時間は発熱してから何時間後?症状や感染の特徴

秋から冬にかけて、段々とインフルエンザにかかるかたも増えてきます。

インフルエンザ?!と疑うような高熱が出たときは要注意。

風邪の症状に似ている点がありますが、症状や特徴を把握して、もしもインフルエンザにかかった??と思ったときは、インフルエンザの検査にベストな時間もチェックして、お医者さんを受診してください。

今回は、インフルエンザの症状や種類、そして「かかった?」と思ったときにお医者さんを受診するベストなタイミングについてご紹介いたします。


インフルエンザの症状

834b16f3f51ab326eba726635ecc326f_s

インフルエンザは普通の風邪と症状が似ています。

ただ、違うのは高熱が出ることで、インフルエンザは熱が出始めるとすぐに38℃を超えます。

それに対して、風邪の発症はゆっくりです。

そして共通して出る症状(悪寒や頭痛など)が、風邪のほうが軽めです。

朝はたいていの人は体温が低いのですが、その時点で38℃を超えている場合はインフルエンザの恐れもあります。

また、関節痛などもインフルエンザの代表的な症状の一つですね。

・時間帯関係なく38℃を超える高熱

・関節痛、筋肉痛

・倦怠感

・寒気

・のどの痛み

・頭痛

・咳

・鼻水、くしゃみ

特に注意したいのは、鼻水とくしゃみ。

くしゃみで飛沫した唾液などにはウイルスがいますので、ほかの方に感染する危険があります。

そのため、インフルエンザにかかっている疑いのある方は、マスク着用をおすすめいたします!

 

インフルエンザの種類と流行のピーク

インフルエンザには3種類あります。

①インフルエンザA型

ウィルスが変化しやすく、増殖力が速くて、感染力も高い。

症状も重いため危険性が高いウィルスです。

世界的に流行することも。

哺乳類(人を含む)と鳥類に感染します。

新型インフルエンザはほとんどの人が免疫を持っていない、新しいA型インフルエンザのことをさします。

ここ数年はH1N1(ソ連型)とH3H2型(香港型)が流行しています。

流行のピークは12月末~2月。

②インフルエンザB型

症状が重くて危険性は高いものの、A型のような突然変異は起こりません。

そのため世界的な大流行はありませんし、一度かかると、二度目の感染の確率は低くなります。

数年ごとに流行して、人にだけ感染するといわれています。

流行のピークは2~3月末。4月以降もあり。

③インフルエンザC型

もっとも危険性が低く、感染した場合も症状が軽いです。

多くの人がすでにC型の免疫を持っています。

そのため、ワクチンにはインフルエンザC型は含まれません。

 



 

インフルエンザの感染の特徴

・潜伏期間が短い(1~2日)

・感染の可能性は発症1日前から発症後5~7日まで

・発症してからはじめの3日が最も感染力が高い

発症1日前から感染力がある…つまり、発熱する前から他の方に映ってしまう可能性があるんです。

そんな理由からインフルエンザは集団感染しやすいんですね。

そのため、発熱したら学校や会社を休んで、少しでも感染を防ぐことが大切です。

熱が下がっても、人に感染させる可能性があるので、ご注意くださいね。

 

インフルエンザの検査にベストな時間は発熱してから何時間後?

a4417f9c7b619dfe24312cb8ed59f3a6_s

インフルエンザかも??と思ったら、病院を受診して早めに検査してもらう必要があります。

といいますのも、インフルエンザは症状が出てから3日目以降は、体内のウィルスが減っていくので、確実な診断をしにくいのです。

そのため、発熱後48時間以内に病院を受診して、検査を受けると良いです。

ただ、ややこしいのですが、発熱後すぐだと、インフルエンザの診断がつかないことがあります。

発熱してから24時間以内は体内のウィルスの増殖が十分ではないため、確実な診断ができにくいそうです。

つまり発熱直後で検査をしても、たとえインフルエンザでも、陰性になってしまう可能性があるんですね。

 

そのため、インフルエンザのベストな検査時間は

・発熱後24~48時間の間ということになります。

 

インフルエンザをその場で診断できる検査キットを採用している病院が多いです。

私も子供の検査をしてもらいましたが、ちょっと痛いみたいですね…(;・∀・)

なが~い綿棒で鼻の粘膜を取って、特殊な液体に浸すと、約15分くらいでインフルエンザかどうかわかります。

その15分の間は別室で隔離されて待たされました。

高熱が出ているときは、病院に行くのも検査をするのも、ちょっと辛いですよね。

ただ、全身症状がつらい、意識朦朧など、ひどい場合には24時間を待たずにお医者さんに行ってくださいね。

 



 

 

まとめ

インフルエンザは普通の風邪と似た特徴があるので、注意が必要です。

いつもひく風邪より症状が重い、熱の上がり方が早い…という症状が出た時には、ベストな検査時間をチェックして、お医者さんを受診することをおすすめいたします。

インフルエンザはあっという間に二次感染が広がりますから、ほかの方のためにも、お休みをとることも必要です。

とにかくインフルエンザにかからないよう、普段から手洗いうがいを励行したいですね。

関連記事

インフルエンザ2016~2017最新流行状況マップ!流行予想・ピーク時期は?

読んでくださってありがとうございました。


よければ、合わせてお読みください♪

生活・健康関連の記事はこちら

>>ぺこのめっちゃぜいたくフルーツ青汁はまずい?おいしく飲める飲み方ランキング!

>>石原さとみも実践!ぷるっぷるの肌になる秘密は○○○クレンジングだった!!

>>深田恭子のアンチエイジングな美肌の秘密と最強保湿セラミド化粧品ベスト3!!

Sponsored Link


関連記事

小林麻央

小林麻央の進行性がんとは?太っていたのは抗がん剤の影響か?

歌舞伎役者市川海老蔵さんの妻、小林麻央さん(33歳)が進行性のがんを患って入院していることがわかりま

記事を読む

a1450d294167df7fa8a826b7e8cac3db_s

インフルエンザ2016~2017最新流行状況マップ!流行予想・ピーク時期は?

2016年も11月…この時期になるとぼちぼちインフルエンザの流行が心配されますよね。 11月前

記事を読む





  • かろうじて30代主婦の しのっちです!
    美容や美肌に興味ありありな年齢ですが、いろんな商品を試してジタバタと頑張っています♡
    もともと肌が弱く、成人性アトピーもちなので、同じアトピーで苦しむ人のためにも、参考になる記事を書いていきたいと思います!

    そのほかいろいろ、興味のあることをランダムに配信中。
    気まぐれな性格なので、ほんとランダムです、ごめんなさい。

    可愛いもの、可愛い人が大好き♡
    芸能人は主にかわいい人を紹介していきます。





PAGE TOP ↑