*

東京で雪、北海道は猛吹雪?!2016~2017の年末年始の雪予報と通勤通学時の注意点

11月23日(祝)は勤労感謝の日ですが、東京では54年ぶりに11月に初雪が降る可能性があります。

これは強い寒気が南下する影響で、関東西部山沿いでは積もる可能性もあります。

明日24日の予想最高気温は、現時点で3℃!!!

3℃って…( ̄▽ ̄;)

北海道や山間だと割とあると思いますが、東京だと真冬にならないと経験のない気温ですよね。

この原因は23日の夜に、上空1500mの位置に-18℃以下の寒気が流れ込むせいで、11月と考えると、過去最強クラスの寒気らしいのです。

ということで、今回は、11月~24日にかけての各地の雪の予想・状況と、今年の年末年始の雪の予報、そして雪になった場合の通勤通学時の注意点などをまとめました!


11月23日、24日の全国の雪の予報

tenki

引用:http://www.tenki.jp/forecaster/diary/h_wakamiya/2016/11/23/59241-summary.html

23日の12時の時点で、北海道や東北地方ですでに雪が降り始めていますね。

tenkiyuki

引用:http://www.tenki.jp/amedas/snow.html

 

北海道

実はすでに北海道の札幌市では11月6日深夜から雪が降り始め、昼には20㎝を超える積雪を観測していて、これは21年ぶりの記録だそうです。

北海道でも紅葉の季節でしたが、紅葉に雪が積もるという何とも変わった風景が広がりました。

北海道は11月上旬の時点でかなり寒かったんですね。

北日本は断続的に強い寒気が南下するそうです。

北日本は北海道の日本海側を中心、断続的に雪が続き、さらに大雪の恐れもあるとか。

明日24日の午前6時までの間に、多いところで40㎝の積雪の可能性もあるそうです。

大雪の他にも強風や高波の可能性もあり、局地的に猛吹雪になるところがあるようで注意したほうがいいかもしれませんね。

 

 

北海道の太平洋側でも、23日に冷え込み、積雪の可能性も。

 

 

東北地方

11月22日は福島沖地震があり、被害にあわれた方の安否も気遣われますが、お天気の影響も気になります…。

東北地方も23日には気温がかなり下がりますので、防寒対策が必要です。

日本海側が先ほど紹介したように雪や雨の場所が多いようです。

太平洋側は曇りや晴れ、また雪・雨の場所もあります。

24日には冬型の気圧配置が緩んでくるそうで、北部のほうが晴れやすくなってくるようですね。

 

関東地方

関東地方では0℃~-3℃くらいの寒気が流れ込むようで、23日~24日になると、西日本・東日本でもかなり気温が下がります。

さらに関東南の上空を低気圧が通過する可能性があり、これが原因で雪になる可能性が高いんですね。

この予報通りに11月に東京都心で初雪が降ると、これは1962年11月22日以来の54年ぶりの記録となります。

山間は特に雪が降る場所が多いようです。

雪が積もると道路も滑りやすくなるので、通勤や通学時には注意が必要ですね。

そして11月24日(木)には関東の空にも低気圧が発生するので、北関東・甲信越で雪の可能性があるそうです。

東京はもし雪が降っても、積雪の影響は少ないそうです。

 

関西地方

関西より西は、11月22日(火)は最高気温が20℃を超えるような10月並みの場所が多かったです。

しかし、11月23日(祝)には強い寒気が流れ込みますので、気温が大幅に下がっています。

師走並みの寒さになりそうなので、防寒対策をした方がよさそうですね。

 

九州地方

九州地方も11月22日は20℃を超える暖かな日で、10月下旬並みのだったそうです。

しかし、11月23日(祝)からは冬型気圧配置になり、強い寒気が流れ込むそうです。

そして、24日~25日は九州北部の上空1500m付近で0℃前後の強い寒気が流れ込む見込み。

そのため、標高1000m以上の高い山では雪の可能性も。

暖かい日から一転、寒い日になりそうですね。

 



 

10月にも最強クラスの寒気がきてた??

実は10月も最強クラスの寒気が来ていたといいます。

10月30日(日)の夜に北海道稚内の上空5500m付近で約-37℃を記録しました。

そのため、北海道稚内では雪が積もり、10月の積雪は1950年以来の66年ぶり…ということです。

10月の時点で-37℃という記録は、1983年以来のことで、これは33年ぶり、10月で考えると今世紀最強の寒気ということでした。

またもきました、最強クラスの寒気…。

ということは今年の冬はめちゃくちゃ寒い…ということになるのでしょうか。

 

この冬の積雪量は??

今まで書いてきたように「〇〇年ぶりの…」という寒気を記録しているため、積雪量も例年より多くなると思いましたが、意外や意外、現時点では平年並みという予報が出ています。

そして、山陰ではやや多めの積雪量で、雪のピークは12月後半から年末年始。

さらに1月末・2月後半~3月初めが雪が多くなりそうです。

関東では低気圧が通過するので、1月中旬から下旬に雪が積もる可能性があるそうです。

学生さんの受験の時期にかぶらないといいのですが…。

 

2016~2017の年末年始の雪と天気は?

気になる年末年始の天気ですが現在の予想ですと、強い寒気が南下する可能性があり、日本海側を中心に大雪になる恐れがあるそうです。

さらに濃尾平野や京阪神、瀬戸内でも積雪の可能性があるので、雪のピークもありますし広い範囲で「雪のお正月」になりそうですね。

 



 

関東地方も11月24日の通勤通学時は要注意!

さて、このように23日・24日は関東地方も雪の影響が出る可能性があります。

気になるのは、通勤通学の時ですよね。

このまま予報通りですと、雪になるとしたら11月23日(祝)の夜半から、24日の朝にかけて。

始めは雨の可能性が高いのですが、南岸低気圧の影響で寒気が流れ込みますので、関東地方の気温が下がります。

この気温の下がり具合により、雪になるのか雨になるのか、どちらかになるんですね。

特に関東の平野部で積雪の可能性もあるそうです。

都心では積雪の可能性は少なそうです。

雨が降って、気温が低くなることで路面凍結などの可能性も考えられます。

通勤の時の注意点をまとめました。

 

車通勤

・スリップに注意

・安全なスピードで走る

・スタットレスタイヤに変えておく

・積雪の時は、早めにチェーンをつける

・場合によっては電車通勤に変える

 

電車通勤

電車通勤の方も、路線によっては雪の影響もあるかもしれませんので、早めに出勤するなど、準備をしておいた方がいいかもしれません。

・早めに出勤する

 

徒歩通勤

・歩きやすい靴で通勤(ヒールはさける)

・路面凍結している場合はペンギン歩きをする

滑らないように歩くには、ペンギンのようにチョコチョコ歩きが一番!

 

 



 

まとめ

個人的な意見になりますが、明日にかけて雪の可能性が高いんじゃないのかなぁと感じています。

というのもこの気温…。

kion

10℃以上気温が低下って下がりすぎでしょ!!(;´・ω・)

もちろん上空の気温にもよりますが、心構えをしておくといいかもしれません。

特に通勤に心配な方は、早め早めに行動しておくといいですね。

関連記事

インフルエンザ2016~2017最新流行状況マップ!流行予想・ピーク時期は?

【地震予言的中?!】魔の水曜日とは?本震の南海トラフ地震が11月23日に来る…?!

読んでくださってありがとうございました。

 


よければ、合わせてお読みください♪

生活・健康関連の記事はこちら

>>ぺこのめっちゃぜいたくフルーツ青汁はまずい?おいしく飲める飲み方ランキング!

>>石原さとみも実践!ぷるっぷるの肌になる秘密は○○○クレンジングだった!!

>>深田恭子のアンチエイジングな美肌の秘密と最強保湿セラミド化粧品ベスト3!!

Sponsored Link


関連記事

%e6%b0%97%e8%b1%a1%e5%ba%81

台風18号(2016)米軍・気象庁最新進路図!東北・関東への影響は??

強い勢力の台風18号ですが、現在は九州の西を時速30kmほどで北北東に移動中、進路が当初よりも北より

記事を読む

%e6%b0%97%e8%b1%a1%e5%ba%81

台風18号(2016)米軍・気象庁最新進路図!九州上陸、大阪・東京への影響は?

  10月5日の台風の最新情報↓ 台風18号(2016)米軍・気象庁最新進路図

記事を読む





  • かろうじて30代主婦の しのっちです!
    美容や美肌に興味ありありな年齢ですが、いろんな商品を試してジタバタと頑張っています♡
    もともと肌が弱く、成人性アトピーもちなので、同じアトピーで苦しむ人のためにも、参考になる記事を書いていきたいと思います!

    そのほかいろいろ、興味のあることをランダムに配信中。
    気まぐれな性格なので、ほんとランダムです、ごめんなさい。

    可愛いもの、可愛い人が大好き♡
    芸能人は主にかわいい人を紹介していきます。





PAGE TOP ↑