*

小林麻央は余命3ヶ月だった?余命宣告されながら、生き続けている奇跡の鍵とは?

小林麻央さんが1月29日に大学病院を退院して、自宅に戻られたようですが、今回の入院は小林麻央さんにとって「余命」を意識させるような辛いものであったことが、ブログ「kokoro.」で語られていました。

今まで「生きたい」という気持ちをもって前向きでポジティブだった小林麻央さん。

でも誰だって、ずっとずっと頑張り続けることはできません。

1月13日のご自身のブログでは、初めてご自身の余命について書いていらっしゃいました。

今回は小林麻央さんの余命と、小林麻央さんの奇跡について検証をしていきたいと思います。


小林麻央の余命は3ヶ月だった?奇跡の闘病生活

今年の1月9日にテレビ番組「市川海老蔵に、ござりまする。」で、初めて小林麻央さんの余命について言及されていました。

2016年10月に市川海老蔵さんがインタビューに答えたものだったのですが、それによると、小林麻央さんは実は2016年3~5月まで持つかどうか…と言われていたそうです。

つまり、小林麻央さんのがんについてはじめて公表・会見した2016年6月まで、もたないだろうと、言われていたんですね。

がんについての会見をされた時点から、余命3ヶ月くらいじゃないか…?と言われていましたが、もっとそれ以前だった…つまり小林麻央さんのがんの状態は相当深刻だったということがわかります。

(小林麻央さんの姉である小林麻耶さんが5月に体調を理由に休養して、8月まで延長するという話があり、小林麻央さんの看病のためではないか=つまり小林麻央さんの余命は8月までではないか…?という憶測が流れたのです)

すでに小林麻央さんのブログ「kokoro.」でがんはステージ4であることは明かされていますが、骨や肺に転移しているという状態。

2016年9月に手術を受けられていますが、それ以前は「手術をしたくてもできない状態」だったんですね。

それが、2016年も乗り越えて、2017年も闘病を続けている…というまさに奇跡的な状況が続いているんです。

 

もうこれはひとえに、小林麻央さんの気力、生きたいという力、その現れではないでしょうか?

ステージⅣまで進むと、痛みがひどい方は本当に苦しみますし、薬の副作用もあります。

それを受けてもくじけない小林麻央さんの姿勢に、もはや感嘆の声しかでません…。

ご飯もモリモリ食べる様子が、ブログでもうかがえました。

また、いくつもご自身の画像がアップされていますが、とても末期がんの患者とは思えないような姿で私はびっくりしました。

(顔色が悪い…という意見もありましたが、抗がん剤の影響もあるので、私は特に違和感を感じませんでした。とにかく画像から末期がんの患者とは思えないような、気力が感じられたんですね…)

 

小林麻央の余命はあと少し…?

ただ、小林麻央さんの治療自体は延命が主体になっています。

2016年9月に受けたと思われる手術もQOLを目的とした手術でした。

(※QOLとは患者さんの肉体的・精神的な苦痛を取り除き、生活の質をあげることに重点を置かれた考え方です)

そして1月の入院も骨への放射線治療ですが、こちらも延命目的。

さらに他の箇所への転移も見つかったらしく。

転用禁止のアメンバー限定の内容なので、詳しくは書けませんが、小林麻央さんは初めて自分の余命についてお医者様に聞いたそうです。

お医者さんは、余命についてははっきりと言及していませんでした。

しかし、小林麻央さんはここからがすごい…。

 



 

 

小林麻央の復活

さすがの小林麻央さんもこの時はかなり落ち込んだようで、1月29日のブログでも「底まで落ちた」と書かれていました、

しかし、小林麻央さんのすごいところはここから。

市川海老蔵さんがお見舞いに来て、バナナを置いてったそうですが、大好きなバナナを食べて、気力を取り戻すんですね。

さらに闘争心もみなぎらせるんです。

確かに文章のことなので、本当の小林麻央さんの状態はわかりません。

でも「ここであきらめたくない!」という小林麻央さんの気持ちがひしひしと伝わるんです。

 

それを証明するかのように、退院後の小林麻央さんは明るい姿をブログで再び見せています。

傷みで寝たり座ったりの生活のようですが、ブログの文章はいつものように明るい…。

1月31日のブログでは、小林麻耶さんと日向ぼっこをした内容が書かれていましたが、画像では小林麻央さんはモコモコの部屋着(ワンピース)を着ていました…が…

ワンピースがミニ!素足が見えます…!

首元は何も巻いておらず、ここ最近暖かい日が続いているとはいえ、まだ真冬なのに…。

 

びっくりしたのは、末期がんで死んだ私の父は、死ぬ1年ほど前から、かなり寒がっていたからなんです。

もちろん痩せたて脂肪分が無くなったというのもありますが、体温自体も下がってきていました。

体温が下がると免疫機能も衰えてくるといいますから、素足も出してそんな状態に見えない小林麻央さんにびっくりしたんです。

小林麻央さんはとりあえず4キロ太ることを退院後に目標で掲げていましたが、つまり以前より痩せたってことですよね。

でも画像の麻央さんは頬がこけすぎるということもなく、ふっくらしています。

(薬の副作用のむくみの影響もあるかもしれませんが…)

年齢というのもありますが、私はひとえに小林麻央さんの気力・闘争心が大きく影響している気がするんです。

 

ガンは闘争心の高い患者ほど、克服できる??

1985年イギリスの医学誌である「ランセット」にある調査結果が載せられていました。

これは乳がん患者62人を対象に、がんへのとらえ方をもとに4つのグループに分けて、その結果がどうなるのか10年以上調査を続けたもの。

<がんのとらえ方、4つのグループ>

①がんへの闘争心をもったグループ

②がんでも大丈夫、自分はがんではない…という積極的な逃避をしたグループ

③医者任せのグループ

④絶望感に苛まれたグループ

13年後の生存率ですが、①が約8割、②が5割、③が約3割、④は1割強だったそうです。

圧倒的に闘争心の強いグループの生存率が高かったそうなんですね。

これはあくまでデータ上のお話になって、個人個人の結果は違くなりますが、それでも希望が持てるような調査ですよね。

小林麻央さんは闘争心を持ってると思いますので、十分に生きる可能性だってあるのだと思います。

 



 

まとめ

以前、「医者でもその人の余命は、はっきりとわからない…」といったことを記事に書かせていただきましたが、小林麻央さんはまさにその典型的な例で、当初の余命宣告からすでに8か月以上生き続けているわけです。

それはまさに奇跡であり、その奇跡を支えるものは、小林麻央さんの気力・闘争心ではないでしょうか。

さらに市川海老蔵さんや、小林麻耶さん、小林麻央さんのお母さん、そして子供たちの支えもあってこそと思います。

まさに母は強し…ですが、外野としては静かに小林麻央さんの頑張りを見続けたいと思っています。

関連記事

小林麻央のがんはステージ4!余命や生存率が気になるが完治はあるのか?

小林麻央のブログkokoroの裏事情…あぶない・終活・死相・余命わずか・金儲けってしゃらくさい!

読んでくださってありがとうございました。

 

関連記事

吉木りさの元カレは6股男に番長?好みのタイプは?

2016年1月9日(土)深0:45放送のテレビ朝日系列の番組「あいつ今何してる?」で吉木りささんが出

記事を読む

松方弘樹死去…仁科克基と仁美とは絶縁、愛人の山本万里子看取った?家庭の事情が複雑すぎる!

昭和の名俳優松方弘樹さんが1月21日に脳リンパ腫のため亡くなられた…という報道がありました。

記事を読む

【画像あり】北川景子、結婚式でセーラームーン熱唱!HYDE&GLAYの奇跡のコラボも実現!

4月29日に行われたDAIGO&北川景子さんの結婚式ですが、式の余興で北川景子さんがなんとセーラーム

記事を読む

ジュウオウジャーキャスト判明!あらすじとイーグルレッド中尾暢樹のプロフィール!

20016年2月14日からテレビ朝日系で「動物戦隊ジュウオウジャー」が放送されます! &nbs

記事を読む

【訃報】水谷優子(声優)死去…旦那は西久保瑞穂…ちびまる子ちゃんで活躍

人気声優の水谷優子(51歳)さんが亡くなられたと、本日所属事務所より発表がありました。 亡くな

記事を読む



  • かろうじて30代主婦の しのっちです!
    美容や美肌に興味ありありな年齢ですが、いろんな商品を試してジタバタと頑張っています♡
    そのほかいろいろ、興味のあることをランダムに配信中。
    気まぐれな性格なので、ほんとランダムです、ごめんなさい。

    可愛いもの、可愛い人が大好き♡
    芸能人は主にかわいい人を紹介していきます。



PAGE TOP ↑