仕事のパフォーマンスやモチベーションがマジで下がる本当の原因

副業・アフィリエイト

こんにちは!

管理人のしのっちです~。

フリーランスに限らず、はたらく人は

  1. モチベーションの維持
  2. パフォーマンスの向上

が重要な課題です。

なんでかと言うと、人ってすぐにモチベーションが下がるし、パフォーマンスも低下するから💦

「今日はなんだかやる気が出ない…」

そんなことが多くありませんか?

モチベーションアップの方法とか

やる気が出るメソッドを実践する方もいます。

それで効果が出る人は、全く問題ないんですけど、時々

何をしてもモチベーションが上がらない

パフォーマンスが低下して集中力が持たない

そんな困った状況の方もいます。

その理由を、私は明確に説明できるんです。

なぜなら、少し前までの私も、まさにそうだったから。

私の事例ですが、最近のこのブログの最新記事を見ていただくと分かりますが、4月は1日あたり1~2記事更新しているんです。

さらにイラスト付きの画像や、Youtube動画の作成までしています。

次から次に、「書きたい」と思う記事が出てくるので、モチベーションの維持なんて気にしなくても毎日作業できます。

作業のスピードも上がりました。

でも、以前は1ヶ月に5~10記事がやっとでした。

もちろん他にもブログを運営してるので、他のブログの記事を書いていた…というものありますが、やる気の面では今とは明らかに違います。

前はいやいやで、比較的取り組めるものに手を付けるという状態でした。

それがなぜここまで改善できたのか。

その秘密をご紹介しますね。

  • 何をしてもモチベーションが維持できない
  • パフォーマンスが向上できず、仕事効率が悪いまま

こんな方は、是非今回の記事を参考にしてくださいませ。

パフォーマンスとモチベーションがマジで下がる原因

休みたくても休まない、休めない

まずですね、

「休みたい状況なのに、休めないもしくは休まない。」

こんな状態は、著しくモチベーションを下げます。

風邪や体調不良なら休むと思いますが、

どうしても気分が落ち込む

何となく仕事が手に付かない

こんな時も、実は休みが必要ってご存知でしょうか?

もちろん、普段からサボり気味の方なら、休まないほうがいいですw

でも普段から頑張って頑張って、仕事をしている人。

自分のための時間を持たない人、趣味の時間が無い人、一人でホッとする時間が無い人。

そんな方が

「どうしても気分が落ち込んで、仕事が手に付かない。」

そんな場合は、休んだほうが仕事のパフォーマンスも回復できます。

日本の教育はどうしても

苦手なことも克服しなさい

勉強も仕事もとにかくがんばりなさい

これが基本。

でもね、ガス欠寸前の車に、

「もっと走れ!もっと走れ!!」

と無理に走らせても、すぐに止まってしまいます。

必要なのは頑張って走らせることではなく、ガソリンを充電すること。

「休みたいけど、休んでいる場合じゃない!」

そんな風に思うがんばりやさんは、むしろ休んで気分転換をしたほうが、モチベーションもパフォーマンスも上がってきますよ。

休んでも回復しない最大の原因は自己否定

で、休んでモチベーションが回復する人は、モチベーションが比較的維持しやすい方。

もし休んでもモチベーションもパフォーマンスも変わらない方は、

自己否定して自分を追い詰めてませんか?

私もそうだったんですが、頑張りすぎる人って、

休む自分を無意識に責めるの。

休んでいるときも、下記のような思考で頭がいっぱいになってませんか?

「アレとコレをもっと進めないといけない。」

「大事なときに休んでしまった💦」

「明日はこの仕事から始めよう。」

↑これ、全然休めてないw

休んでいる時は、リラックスして休みを堪能すれば、いずれモチベーションも回復します。

でも休んでいるときも仕事のことで頭がいっぱい。

思考すると非常にエネルギーを喰うので、逆に疲れちゃいます。

そして、ここで自己否定をすると、さらにエネルギーが下がります。

↑こちらアメリカの精神科医であるホーキンズ博士の意識レベルの測定値。

博士は意識のレベルによって、その人が発するエネルギーを数値化しました。

1~9までがポジティブなエネルギー。

9~17までがネガティブなエネルギーです。(9は中間です)

で、自己否定は「16罪悪感」「17恥」このあたりなんです。

思いっきりネガティブよりで、発せられるエネルギーもとても低い。

私も自己否定が激しい人間だったので分かりますが、

自分を責めれば責めるほど、生命エネルギーが削られます。

これは間違いない。

自分を責めるとすごく疲れるんです。

自分を叱咤しても、仕事のモチベーションが上がるどころか、下がる一方になるんですね。

自己否定・罪悪感

これが、仕事のパフォーマンスとモチベーションを下げる、最大の要因です。

あなたは仕事のモチベーションが上がらない自分を、責めちゃってませんか?

仕事のパフォーマンスが上がらない自分を、「ダメなやつ」って無意識に思ってませんか?

だとしたら、もう自分を責める必要はありません。

自分を責めなければ、自然と仕事のパフォーマンスが上がってきますから。

自己否定をしなくなったら憂鬱な気分が吹っ飛んだ

さて、自己否定が激しかった管理人は、

しょっちゅうモチベーションが下がり、身体が疲れて動かなくなりました。

以前はここで「何やってんのよ!今頑張らないとどうするの?!」

と、「ど根性」を出して、何とか乗り切っていました。

でも根性はガソリンと違って、ガス欠した車を、自分がヒモで牽引してるようなもの。

↑こんなのすぐに疲れて、へばります。

だからしょっちゅう疲れて、モチベーションが下がって。

またド根性で何とかして、すぐに疲れてモチベーションが下がって。

この繰り返しでした。

少しでもモチベーションが回復させるために、お菓子を食べ続けてましたね。

自己否定が激しい人は、このように自分で自分のガソリンを脱いている状態。

だから身体がすぐに疲れてしまいます。

急に自己否定をやめるのは難しいので、まずは

「疲れたら1時間でも休む」

このことを自分に許して、自分に優しくしてあげてください。

それを続けると、自己否定からのストレスが緩和されます。

そして徐々に心も回復してきて、体の疲れが軽減されますよ。

身体の疲れが軽減されれば、モチベーションもパフォーマンスも自然と上がってきますから。

自己否定をやめても回復できない場合は?

ただですね、

  • 自分を責めない
  • 休みたいときに休む

これをしても、モチベーションもパフォーマンスも上がらないときがあります。

そもそもあなたがしているその仕事。

果たして本当にやりたいことでしょうか?

人は本当に自分がやりたいことなら、「やろう」とも思わずに自然と取り組めます。

例えば幼い子供は、親に言われなくても自分が好きな遊びを始めますよね。

それは「自分がやりたいことだから」。

誰に強制されなくても、自然とできるんです。

でも逆にやりたくないことは、「嫌!」と泣きわめきますよね。

それはやりたくないことは、やる気も起こらないし、取り組むのにすごくエネルギーを使うからなんです。

「でも、生活のためにはやりたいことばっかりじゃなくて、お金のために働かないといけないでしょ。」

その気持ちももっともです。

でもその状態が一生続くのは、きつくありませんか?

また、その仕事の好き嫌いではなく、職場の環境のストレスや人間関係によって、モチベーションが回復できないこともあります。

つまりあなたの仕事のパフォーマンスを最大限に活かせる職場じゃないってことですね。

このような場合は、別の世界を見ることも一つの方法です。

つまり転職ですね。

現在は転職することも珍しいことではありませんし、選択肢の一つとして持っておくと心にも余裕ができます。

また、転職を実際しなくても、転職サイトに登録しておくと、

自分でも知らない職種

自分が実は興味がある職種

同じ職種だけで給料がいい会社

これらもチェックすることができます。

自分の気持ちが少しでも楽になる方法を試す。

これはとても大切なことなんです。

やりたくない仕事を続けるのは実は自己否定になる

実はですね、

やりたくない仕事をずっと続ける

職場の嫌な人たちとの付き合いを続ける

こんなことも、自己否定なんです。

要は、「自分が嫌という気持ちを我慢して続ける。」ってことなので、いずれ心が悲鳴をあげます。

嫌だ嫌だという気持ちは、無視しつけることはできません。

そうなるまえに、早めに手を打つことも、必要かもしれませんね。

本当にやる気がある時はモチベーションとか関係なくなる

自己否定を終了し、自己受容までくると、やる気ってあげようとしなくても勝手に湧いてきます。

「やらなきゃ!」とも「やろう」とも思わずに、

まるで歯磨きをするように自然と作業ができます。

この段階に来ると、

「仕事のパフォーマンスを上げる方法」

「モチベーションを下げないメソッド」

そんなものは、全く必要なくなります。

でも、先述したように、職場の環境や人間関係、仕事の内容によっても人のモチベーションは変化します。

一時的なモチベーション維持方法を試すのではなく、

自分は本当はどんな職場で働きたいのか

自分は本当はどんな仕事がしたいのか

どんな人間関係を築きたいのか

それを見直すことで、自分が本当に望む人生計画が見えてきます。

それが結局、「満足感に溢れた人生を生きる」ことに繋がるとしたら…。

ちょっと見直してみようって思いませんか?

満足感が得られたら、いつの間にか仕事でも最高のパフォーマンスを発揮することができるようになりますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました