子どもが不登校!回復が遅れるやっちゃいけない対処法と一番優先すべき対処法 | いまニホ

子どもが不登校!回復が遅れるやっちゃいけない対処法と一番優先すべき対処法

不登校の対処法 悩み・スピリチュアル

 

・子どもが不登校になって将来のが心配…

・このまま引きこもりになるんじゃない?

・周りに知られたら恥ずかしい

 

今回はそんなお悩みを持つ方向けの記事です!

こんにちは!

管理人のしのっちです~。

うちには子どもが二人いますが、

絶賛不登校中…というか行ったり行かなかったり

です!

にゃはは…😂

いや、笑い事ではないんですけどね…世間的に見ると。

子どもが不登校になると、心配が次々浮かんできちゃいますよね。

気持ちは痛いほど分かります。

うちの場合は、結局発達障害による、学校の生活の難しさが一番の原因でした。

【発達障害あるある】子どもの不登校の原因が発達障害でした
うちの子が不登校でちょっと困ってる! 普通の子と、ちょっと違うみたい… 今回はそんなお悩みを持つ...

原因がわかったので、サポートの仕方も把握でき、私はだいぶ楽になりました。

とは言え、発達障害であれ定型発達であれ、子どもが不登校になった時、パパやママはすごく迷いますよね。

そのため、この記事では、親がまず気をつけるべきことと、具体的な対処法をご紹介しますね!

不登校の子どもをもって、心配な気持ちでいっぱいのパパさん・ママさんは、是非今回の記事をお読み下さい。

発達障害の子もそうじゃない子も、基本的には子どもの様子をしっかり観察することが基本です。

Sponsored Link

まずは子どもがガス欠になってることを知る

まず、小学校高学年以上の子どもの殆どは、

子どもはみんな学校に行く

ということは、十分すぎるほど分かっています。

(低学年の子どもの場合は、分かってないこともあります)

それが分かっているのに行けない…

ということは、つまり完全にガス欠状態になってるんです。

エネルギー切れですね。

この状態になっているということは、それまで子どもは自分なりに精一杯頑張ってきたと思います。

でもガス欠状態なのに、無理に「行きなさい!」と言っても、

登校できてもすぐにまた、エネルギー切れを起こします。

 

しのっち
しのっち

私の子どもも、はじめはガス欠状態でした。

その状態だと、先生が家に訪問してきても、挨拶することさえできませんでした。

 

エネルギー切れを起こして、学校への拒否反応がMAXになっちゃってたんですね。

子どもも学校にいけていないという恥ずかしさや負い目を、十分に感じているんですよ。

できれば行けるようになりたいのに、行けない。

特に不登校になった直後って、無気力になったり表情が乏しくなります。

「疲れて何もしたくない…」って状態。

この状態では、親の言うことも聞きたくても聞けないです。

だからはじめから、無理に子どもに働きかけようとしないでくださいね。

「学校に行かせなきゃ!」ってあせらないで大丈夫ですから。(うちの上の子も、不登校と投稿を繰り返してて、小学校は正味半分くらいしか出席してません。)

やっちゃいけない対処法は不安を煽ること

「ガス欠の子どもを無理やり登校させない。」

この次に気をつけることですが…。

子どもが不登校になると、どうしても親も不安がMAXになりますよね…。

でもこの不安が厄介!

ついつい子どもに

「学校に行かないと、勉強が遅れちゃうよ?!」

「遅れたら学校に余計行きにくくなるし、勉強ができなかったらちゃんとした職業につけないよ?!」

こんな風に、かなり先の不安まで先取りして、煽る発言してしまいます。

「何とか学校に行ってほしい!」という気持ちが先走っちゃうんですよね。

しのっち
しのっち

不安になる気持ちは、めちゃくちゃよく分かります。

でもね、その将来の不安ですが、まだ実際には起こってないことなんですよね。

今、目の前で起こっているのは、

子どもが学校に行くのが辛くて辛くて、休んでいる

という現象です。

勉強が遅れていい職業につけないという現実は、まだ先のことで現在起こっていることではありません。

それなのに将来の不安をぶつけると、

今、目の前で苦しんでいる子どもをどうサポートすればいいのか、分からなくなっちゃうんです。

 

しのっち
しのっち

親が適切なサポートをすれば、不登校が解消されることがあります。

でも逆に、不安をぶつけてしまうと不登校が長引く恐れがあります。

 

だから親が注意を払うのは、まだ先の未来の心配ではなく、目の前の苦しんでいる子どもにどんなサポートができるのか…なんですね。

不登校の子どもへのプレッシャーは逆効果!

もし、子どもの苦しみを理解できず、親が自分の不安をぶつけてしまうと、子どもの回復はさらに遅れる可能性が!

何故かと言うと、学校にいけないことを苦しんでる子どもは、親からプレッシャーをかけられると、さらに罪悪感を抱いてしまいます。

 

しのっち
しのっち

この罪悪感が曲者!

罪悪感を抱けば抱くほど、行動するためのエネルギーを奪っちゃうんです💦

 

子ども自身も、学校に行けないことを、自分で責めているんです。

それに加えて親がプレッシャーをかけると、責める気持ちがどんどん大きくなります。

自己否定を繰り返してしまうと

「どうせ自分なんて、価値の無い人間だ…。」

という無気力状態まで、落ちてしまうんですね。

この状態になったら、完全にエネルギー不足で、ちょっと動くことも億劫になります。

 

しのっち
しのっち

私もその状態になったことがありますが、体が疲れて動くのがやっと。

無理に動くので、常にイライラして憂鬱でした。

 

こんな状態の子が、次の日から楽しく学校に登校できるわけが無いですよね。

疲労困憊の状態になったら、まずは体を休めること。

動けるようになるまで、回復を待つことが大切です。

それでも子どもの将来が不安でたまらない!

確かに子どもが苦しんでいると分かれば、親も余計なプレッシャーをかけなくなりますよね。

でもだからといって、心配や不安がなくなるわけではありません。

しのっち
しのっち

この時期の親は確かに辛い!

いつ子どもが学校に行けるかわからないし、かと言って学校とのやり取りがあるし…。

どうしてもしょうがないことですが、人は本能的に

わからないことに、必ず恐怖を抱きます。

 

しのっち
しのっち

そのため、もし不安に呑み込まれそうになったら、

「コレは人間の本能だから、仕方が無いんだ。」

と意識すると、少し和らぎますよ。

 

また、不安な状態がずっと続くのは辛いと思いますので、どうしたらいいのか、具体的な対処法を次でご紹介します。

子どもが不登校のときに親がする具体的な対処法

まず、子どもが不登校の時は、

「子どもを何とかしないと!」

と思いますよね。

子どもが回復するまで、見守る姿勢でいるんですね。

で、その間が、親は積極的に、

しのっち
しのっち

自分の気持を安定させることを、第一優先にします!

これが親のできる具体的な対処法です。

子どもの不登校を解決しようとせず、自分自身の心の安定に務めるんですね。

親が余裕が無くなると、焦って子どもの不登校を解決しようとします。

でも親の精神状態が安定してれば、子どもの回復をじっくり待つこともできるんですね。

だから、「不登校になったけど、どうしよう…」と不安でいっぱいのときは、余裕が無い状態と思ってください。

そんなときは、自分がまずはリラックスします。

リラックス方法は人によって異なりますが、

  • マッサージにを堪能する
  • カフェの美味しいケーキをじっくりと味わう
  • 好きなファッション雑誌を読む
  • 感動する映画に浸る
  • スポーツの試合を見て、熱狂する。

こんな感じで、とにかく自分が好きなことをします。

とりあえず時間を忘れて没頭できることがいいですね。

ただ、そんな時間に、

「あの子の将来はどうなるのかしら?!」

なんて、子どものことを考えないでくださいね💦

確かに没頭する時間って、一種の逃避かもしれません。

でも「子どもの心配」をしてる時って、「子ども=問題」と思い込んで肩にグッと力が入っています。

緊張状態なんですね。

その状態だと解決する方法なんて思いつきません。

でも一時的にでもリラックスできたら、緊張状態から解き放たれて気分が変わります。

余裕ができたら、また子どもの回復を待つことができます。

だから親は、まずは自分の気持ちを安定させることを第一優先に考えて

とにかく、時間を忘れるような好きなことをしてみてくださいね。

そんな時間を持てたら、子どもにも自然な笑顔で接することができるようになります。

そうなると、子どもも緊張状態から開放されますよ。

Sponsored Link

余裕ができたら子どもに良い提案をしていく

さて、親が余裕を持って子どもに接することができるようになったら…次は良い提案をしていきます!

精神的に追い詰められた状態だと、どんな優しい言葉でも

「学校に行って欲しい!」「行かないと大変なことになるよ!」

というプレッシャーがこめられます。

子どもは非常に敏感なので、その親の気持ちを察知するんですよね。

でも、親が自分を優先して気持ちにゆとりができると、子どもにプレッシャーをかけない言い方ができるようになります!

で、子供の方も、とりあえず学校を休んで気力が回復してくると、

だんだんと、退屈し始めるんですよ。

子供ってもともとはエネルギーが高い生き物なので、家の中にだけこもってると、暇になるんですね。

さらに面白いことに、退屈って思い始めたら、「何か」を始めるエネルギーが溜まってくるんですよ!

ウズウズと動きたくなる…といいますか。

この時期に、子供に提案をすると、すんなりと動き出します。

例えば、塾やフリースクールを進めたりですね。

子どもは親からの提案の中に自分に合ったものがあれば、自分のタイミングで自然と行動していきます。

だから親は子どもを信頼して、まずは自分がリラックスできることをしてみましょう。

子どもの人生は子どものもの

子どもは親とは別の人間。

一番親しい他人です。

子どもの将来は確かに心配ですが、子供の将来は子どものもの。

そうそうちなみにワタクシも子供のときは、「本当は学校に行けないタイプ」でした。

敏感なので、他人の目が気になりすぎて、非常に疲れたんですね。

でも私の親は、病気出ない限り、1日でも休むことは許しませんでした。

その結果、「休みたくても休めない」「自分ひとりで無理をする」状態が続き、30年以上休むことができませんでした💦

一時期は、「人の手を借りるくらいなら、病気になっても自分がする。」なんて思いつめてそのとおり病気になってましたね…。

だから、「もう学校に行くのは無理だから休みたい…。」という感覚を持てる子どもは、適切なSOSを出せてる、ある意味健全な子なんです。

だからまずはそっと、子どもの回復を待ってあげてくださいね。

・不登校の子どもはガス欠状態

・親が自分の不安を子どもにぶつけると、回復が遅れてしまう

・子どもの回復を待つために、親がする対処法は、自分をリラックスさせること

子どもがHSCだと思ったら発達の偏りがあった!大人の生き辛さの原因もコレ?
こんにちは! 管理人のしのっちです~。 私は子どもが二人いますが、上の子は「発達に差がある子」です。 ...

 

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました