女性のシェービング(自己処理)の肌ダメージを最小限に抑える方法 | いまニホ

女性のシェービング(自己処理)の肌ダメージを最小限に抑える方法

ムダ毛のシェービング ビューティー関連

 

・自己処理をすると、お肌が荒れる…

・いつも適当にムダ毛の処理をしてる(;´д`)

 

今日は、こんなムダ毛の処理で悩んでいる方向けです!

 

しのっち
しのっち

私も自己処理をすると、お肌が粉吹き芋のようになっちゃいます💦

ムダ毛の処理は面倒なので、ついついおざなりに処理しちゃうんですよね。

 

適当に処理をしてしまうと、お肌がどうしても荒れちゃいます!

刃あたりが優しいとは言っても、スパッと切れる刃物で処理してますからね💦

なるべくお肌にダメージを残さないためには、正しいシェービングを行わないといけないんです。

正しいシェービングの方法だと、お肌を傷つけるリスクも最小限に。

この記事では、お肌のダメージが少ない、シェービングの方法をご紹介しますね!

・正しいシェービングの方法
・シェービングのときの注意点
・シェービング後のケアについて
40代・50代でも脱毛すべき!部位別・全身脱毛でおすすめのサロンやクリニック
40代もしくは50代だけど脱毛したい… でも、今から脱毛するのは遅い? ...
女性のムダ毛で男性は激萎え?!〇〇の毛が濃いと絶対ダメ~~!!
夏も近づいてくると、 ムダ毛の処理を始める 女性も多いと思います。 そんな女性にぜひ聞きたい、 完璧にムダ毛...
Sponsored Link

肌のダメージを最小限に!シェービングの正しい方法

まず、大前提として、キレの悪いカミソリや、錆びたカミソリは使わないでくださいね。

できれば、処理のたびに刃を変えると、キレがいいので安心です。

そして、シェービングしたい部位ごとに、その部位専用のカミソリを使用することにします。

ワキならT字カミソリ、顔ならフェイス用のカミソリ…という感じですね。

カミソリが用意できたら、次の手順通りに自己処理をしてみてください。

①剃る部位と毛を温める

剃る前に、剃る部位の肌とムダ毛を、シャワーや蒸しタオルなどで温めます。

温めるとムダ毛とお肌が柔らかくなりますし、水分を含むと剃りやすくなるんです。

オススメなのは蒸しタオル。

じっくり部位を温めると、しっかりムダ毛が剃れるようになりますよ。

②シェービングクリームを塗る

お肌とムダ毛をしっかり温めた後は、シェービングクリームを塗ります。

クリームを塗ると、カミソリの刃あたりが優しくなって、削り取る肌表面のダメージが少なくなります。

毎回クリームを塗れば、肌ダメージの蓄積も極力減らすことができるんです。

 

しのっち
しのっち

私も以前はシェービングクリームを塗らずに剃っていました💦

でもそのせいでお肌がどんどん敏感になって、シミとかもできやすくなった気がします…。

 

シェービングクリームって、男性が使うイメージが強いですよね。

でも使うと格段に滑らかに剃れることができるようになるので、自己処理のときは必須アイテムです。

③肌はなるべく平らになるように剃る

肌を傷つけないようにキレイに剃るコツは、剃る時にお肌を伸ばしてなるべく平らな状態にすることです。

お肌のたるみがあったり、シワがよっていると、上手にそれないですしお肌も傷つける恐れがあります。

なるべく手で伸ばしながら剃ってみてください。

ワキの毛を剃るときも、なるべく腕を上に伸ばして、くぼみを作らないようにして剃ってみてください。

シェービングの際の注意点

次にシェービングをする際の注意点を2つご紹介しますね。

①ムダ毛の生え方と同じ方向に剃る

なるべくしっかり剃ろうとして、ムダ毛の流れに逆らって剃る

逆剃り

をしちゃう方が結構います。

確かに逆剃りのほうが、ムダ毛を深くそれるので、一見いいように見えます。

でも、逆剃りだと肌表面をかなり削ってしますダメージの大きい剃り方なんです。

脱毛エステのスタッフさんも

 

皆さん逆剃りをしちゃうんです。

ほとんどの方がそうなので、シェービングはこちらで行ったほうが良いんですよね。

 

っておっしゃってました。

無意識についついやっちゃう剃り方なんですね。

ですから、ムダ毛と同じ方向に剃るということを、なるべく意識して自己処理してください。

②無理して自分でシェービングしない

自分の手が届かない部位や、自分の目で見えない部位のシェービングはしないほうが無難です。

手の届かない箇所だと、カミソリの向きが意識できなくて、お肌を切ってしまう恐れがあり、危険なんです。

見えない部位のシェービングも同じですね。

特に背中、うなじ、腰、おしり、太ももの裏は、自己処理が難しいです。

肌の丸みがわからないので、お肌を傷つけてしまいます。

 

しのっち
しのっち

私も無理してシェービングしたので、小さい切り傷を沢山つけてしまいました💦

傷ついた箇所は、黒ずんだ傷跡として残ってしまい、かなり後悔してます…。

 

最後はケアをしっかりと

最後にシェービング後のケアについて。

①シェービングクリームはしっかり落とす

シェービングクリームはヌルヌルしてるので、お肌に残ります。

しっかり落とさないと、肌荒れの原因にもなるので、シェービング後はしっかり落としてくださいね。

お湯は熱めだとシェービング後のお肌がさらに仮想してしまうので、温めのお湯が最適です。

ヌルヌルがよく落ちないときは、よく泡立てた石鹸の泡で、優しく洗ってください。

②肌の水分はタオルでそっとふき取る

クリームを落とした後は、お肌に残った水分をタオルで押さえるように、そっと拭きます。

ゴシゴシ拭いてしまうと、敏感になっているお肌を傷つけてしまいます💦

タオルでじっくり吸い取るようなイメージで拭いてください。

③お肌を念入りに保湿する

水分を拭き取ったら、最後にお肌をしっかり保湿します。

シェービング後のお肌はかなり敏感になっています。

アルコールが入っていないタイプや、刺激が少ない敏感肌用の化粧水や乳液、クリームで保湿します。

シェービング後の肌は敏感になっていますので、アルコールの入っていない、刺激の少ない化粧水や乳液、クリームで保湿します。

アルコール入りの化粧水だと、お肌がさらに乾燥することがあるので、ご注意くださいね。

また保湿剤を塗るときには、肌をなるべく擦らないように、摩擦が起きないようにしてください。

化粧水をつけるときにも、肌を優しくプッシュするようにすると、お肌の刺激が少なく済みます。

手のひらで優しく包み込むように、お肌に浸透させてみてくださいね。

シェービングはプロに任せるか、脱毛が最適

どんなに正しいシェービングの方法を実践しても、どうしてもお肌の負担は蓄積されていきます💦

年齢とともにお肌も水分量が少なくなって、より傷つきやすくなりますしね。

そのため、オススメは

  1. シェービングをしてくれるお店でやってもらう
  2. いっそのこと脱毛してもらう

シェービングをしてくれるお店でも、毎回行くのはちょっと大変ですよね。

なので一番オススメなのは、脱毛しちゃうこと。

私も自己処理にかかる時間が長すぎて、非常に苦痛でした💦

2時間は全身のシェービングにかかった時間です💦

脱毛エステには何度か通うことになりますが、通うごとに、自己処理の回数がぐんと減るんですよ。

だからトータルで考えると、一生シェービングを自分で行うより、脱毛しちゃったほうが

  • 肌ダメージが少ない
  • 自己処理にかかる時間が無くなる

こんな結果になります。

 

しのっち
しのっち

私も脱毛してほんとに良かった…って特に夏に感じてます。

それも毎年w

そのくらい楽になりました!

 

シェービングでもうお肌を傷つけたくない!という方は、脱毛することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

下記の記事で、管理人オススメの脱毛サロンをご紹介しています。

40代・50代でも脱毛すべき!部位別・全身脱毛でおすすめのサロンやクリニック
40代もしくは50代だけど脱毛したい… でも、今から脱毛するのは遅い? ...
タイトルとURLをコピーしました