【東京都】特別支援学級(情緒の固定学級)への申込み方法と必要な書類 | いまニホ

【東京都】特別支援学級(情緒の固定学級)への申込み方法と必要な書類

情緒の固定学級 生活

子どもが発達障害だからサポートのある学級に行かせたい

今回はこんな方向けの記事です!

こんにちは。

管理人のしのっちです。

しのっち
しのっち

私の子どもも特別支援学級(情緒の固定学級)に通っています!
下の子も通わせる予定なので、東京との小学校での申込み方法などを記事でまとめました!

東京都の各自治体によって、申請内容などが少し変わりますが、概ねこの記事のとおりだと思います。(※ただ、必ずお住まいの自治体に確認してくださいね)

Sponsored Link

特別支援学級(情緒の固定学級)はどこにでもあるわけではない

特別支援学級、それも発達障害児のような情緒障害の固定学級は、すべての小学校にあるわけではありません。

さらに、「1学級も無い」という自治体も珍しくなく、どうしても情緒の特別支援学級に通わせたい場合は、学級が設置されている自治体に引っ越さないといけません。

発達障害が一般的になってから、まだ日が浅いので、知的や身体の障害とは違い、特別支援学級の設置が多くないことが現状です。

しのっち
しのっち

うちは発達障害とわかったときには不登校になってたので、特別支援学級のある小学校に転校しました。

ですから、もしお住まいの市区町村に特別支援学級がある小学校・中学校がなければ、ある地域に引っ越ししなければいけません。

もしお住まいの市区町村にある場合は、教育委員会に転学の申込みをします。

電話でも、実際に教育委員会に行くでも、どちらでもOK。

私はまずは電話をしました。

特別支援学級への転学の申込み

まず行うのは、市区町村にある教育委員会に、転学の相談をすることです。

教育相談室、就学相談室というものが、たいていの地域に設けられています。

ここで転学の相談をしますが、情緒の特別支援学級(固定学級)に転学するためには、書類を揃えないといけません。

場合によっては、子どもの面談や行動の観察もあります。

そして、保護者は実際に特別支援学級の見学と体験を申し込みます。

書類を揃えて提出すると、教育委員会で審議が行われます。

この審議会で承認が出れば、晴れて転学の許可がおりるわけですね。

そして保護者も同意をすれば、転学の手続きに移っていくという流れです。

そのため、保護者が行うことをまとめますと

  1. 教育委員会に相談
  2. 必要書類の提出
  3. 特別支援学級の見学と体験
  4. 場合によっては子どもの面談と行動観察

↑上記の順番は前後することがあります。

実際に特別支援学級を見学・体験する時、複数の小学校・中学校を見ることができます。

ただ基本的に見学と体験の日が別々のこともあるので、たくさんの小学校を希望すればするほど、保護者の負担も大きくなります。

自治体によって必要書類は異なりますが、私が住む地域の書類を一例でご紹介しますね。

Sponsored Link

特別支援学級転学に必要な書類

  1. ウィスクなどの検査結果
  2. 小児精神科などかかりつけ医の医療観察記録(もしくは診断書)
  3. 保護者が書く各種書類

転学に必要になるのは、主に上記のようなものですね。

ウィスクなどの検査は、発達障害の診断の一つの材料になります。

また、その検査結果によって、小児精神科の医師が発達障害の診断を下すので、その医師の診断書なども必要となります。

診断書は各自治体で書式がある場合もあるので、書式に沿ったものを医師に書いて貰う必要があります。

また、保護者が書く転学申込みの書類がいくつかあります。

それほど負担になるものではないですが、医師の観察記録やウィスクの検査結果は、書類として揃うまで2週間~1ヶ月ほどかかってしまいます。

教育委員会の審議会自体は、1ヶ月に1回ほど定期的に開かれますが、書類が揃っていないと審議してもらえないこともあります。

早めに転学したい場合は、必要な書類をまずは教育委員会で確認して、早めにかかりつけ医にお願いしてみてください。

ウィスクや医師の診断書は、何年も前に取得したものだと、新しく取直しになる可能性もあるので、ご注意ください。

情緒の特別支援学級への転学は割とスムーズにできます

情緒の特別支援学級への転学は、私は過去に2回経験しています。

A区→B市→C市

と引っ越しまして、B市とC市で特別支援学級に転学しました。

私の場合は越境(地域が変わる)があるので、そのやり取りが結構大変でした。

でももしこれが、越境せずにお住いの地域での転学になると、教育委員会のやり取りのみなので、それほどわかりにくいことはないです。

審議会までに提出する書類があることと、子どもを連れての見学・体験がちょっと面倒であること。

この2つのポイントを抜かせば、割とスムーズに特別支援学級への転学の許可がおります。

ただし!希望の特別支援学級が定員いっぱいの場合は、転学が難しい場合もあります。

その場合は、教育委員会によく相談してみてください。

基本的には保護者と本人の希望が通るはずなので、諦めずに子どもに会う学校を探してあげてくださいね。

【東京都】特別支援学級と特別支援教室の違いを実際に利用した経験を元に紹介します
・特別支援学級と特別支援教室の違いが分からない! ・子どもが発達障害だけど、ど...
子どもが発達障害!小学校はどうしたらいいの?東京都のサポートについて
子どもが発達障害だけど、小学校は普通でいいのか? もう小学生だけど、発達障害って判明した! 今回...
タイトルとURLをコピーしました